タグ:子育て・教育 ( 22 ) タグの人気記事

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

ぼくたちの失敗

なんだか毎週のように警察官やら教師やらが犯罪を犯して処分されているような気がするのは気のせいだろうか。

今日も今日とて、教師がひとり罪を犯した。
勤務先の中学校で、金を盗んだ男性教諭が書類送検されたそうだ。


この男が盗みという犯罪に走った理由がまた情けない。
「小遣いが少なく、キャバクラに通う金がほしくて盗んだ」そうだ。
まあウチの職場にもキャバクラ好きな人は結構いるらしいし、キャバクラに行きたいという気持ちを否定する気は更々ない。
しかし、彼が盗んだ金の総額はなんと約70万円。

70万もの金をキャバクラにつぎ込むのか?
どんだけ好きやねん。

しかもそのうち48万円は、生徒がバングラデシュに車いすを贈るために集めた、バザーの収益金だったというのだからもう目も当てられない。


外部の人間ならともかく、そういう事情も生徒たちの頑張りもまのあたりにしていた筈の人間が、よくもまあその金に手を付けられたものだ。
彼の良心は痛まなかったのだろうか。

生徒たちの、自分への信頼を裏切ることに躊躇いはなかったのだろうか。

ちらとでも自分の家族のことを考えなかったのだろうか。
(小遣い云々言うくらいだから、嫁さんがいると思うのだが)
家庭が壊れる可能性には考え及ばなかったのだろうか。

犯罪に手を染めてまで、行く価値があったのだろうか。
・・・たとえ全てを失ったとしても?


教師だって人の子、時には間違えることもある。道を踏み外すこともある。
たった一度の過ちが、取り返しがつかないほどに人生を大きく狂わせることもある。
たった一度の裏切りでも、二度とその人を信じられなくなることもある。
残念なことに、人の善意を踏みにじって何とも思わない種類の人間も確実にいる。

まったく学校の先生というものは、いろんなことを教えてくれるものだ。



少なくとも生徒たちは、この教師のことは生涯忘れないだろう。
生徒たちにとって、彼はまさしく人生の「反面教師」となったのだ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-03 02:29 | News | TOP▲

偏食と味覚

栄養失調の兆候が見られる児童に校長が牛乳をこっそり与えていたというニュース。

家庭と学校の距離感が微妙な今の時代、この校長の決断に拍手を送りたい。

いくらコンビニ経営者とはいえ、育ち盛りの子供にコンビニの賞味期限切れのおむすびやら菓子パンしか与えてなかったというのだからもう。


コンビニの弁当や惣菜なんて、総じて味が濃くて大人の私だって辟易するのに。
以前ふと、久々にひじきが食いたいなあと思い、コンビニで小分けに売られているパックを買ったら濃くて食えたもんじゃなかったっけ。母親お手製のひじきの煮つけが恋しくなったものだ。
ウチの母は料理は得意ではないけれど、煮物系はめちゃ美味いんだよなあ。
ましてやおむすびと菓子パンのような偏ったモンしか与えないなんて、成長期の子供があんなのしか食わなかったらそりゃ身体も育たんよ。

以前TVでやっていたが、未成年の頃に過度なダイエットを行うと、大人になってから手痛いしっぺ返し(何らかの疾患とか)が来る可能性が高いのだとか。
明らかに栄養不足なこの子が大人になってから悪い影響が出なければいいのだけれど。


子供にそんなモンしか与えないような親に憤然としたのは当然だが、気になるのはこの子が一体いつからこのような食生活をしていたかということだ。

校長の話によると、この子には偏食も見られたという。
母親も、食事を作っても食べないと言っているようだ。
しかし食べないから放っておいても良いというワケじゃないだろう?


そもそも、人間の味覚はどうやって決まるのだろう。
普通に考えたらやっぱり離乳食以降の食事で決まるんじゃないかと思ってググってみたところ、やっぱりそうらしい。2つほど紹介しよう。

小児科医の方のHP「初めての赤ちゃん、子育てはこれでいいのかな」にこんな記述があった。
味覚を育ててあげましょう。家庭で甘い味を好めば甘い味を好む子どもに育ち、辛い味を好めば辛い味を好む子どもに育ちます。又、お母さんが嫌いなもの、例えば肉が嫌いで、子どもに食べさせようとしてもそれは無理です。子どもの偏食をなくそうと思ったらまず親の偏食をなくすことです。

子育てについて…もっと詳しく…「幼児食」より抜粋


また、栄養士さん&管理栄養士さんのHPにも偏食に関する話が。
一歳前の乳児の食事は、調味料など一切必要ない程なのです。乳幼児に入り、スナック菓子やジュース、ラーメンなど塩分や甘味の強い物を食べ慣れてしまうと当然それ以下の甘味や塩味の薄い物は、まずく感じられてしまいます。食事に一生懸命気を配り野菜や魚を調理しても嫌がって残す子供が多くは、味覚が未熟な時期にこうした強い刺激を受けて育った場合が多いです。

よみもの偏食のお話より抜粋


かなりの偏食が見られると思われるこの児童は、つまり乳幼児のころからロクなモンを与えられてなかったという可能性もあるワケだ。

しかもこの学校では、今もこの児童と更に別の児童にも、毎朝牛乳を飲ませていて、更に数年前には毎日1個のおむすびしか食べていない児童がいたという。
こんな親が何人もいるのかと思うと眩暈がする。


この親たちに、ひとりの人間を育てているという自覚があるのか聞いてみたい。
きちんと子供のことを考えてあげられないなら、自分のことで手一杯なら、なぜ子供を持ったのか。

少子化が改善されても、こんな親に育てられる子供が増えてしまうのでは悲しすぎる。
これから親になる人たちには、ひとを育てるということについて、しっかり教育指導する必要があるかもしれない。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-23 01:14 | News | TOP▲

やるじゃん女の子

・・・そんなタイトルの曲が昔あったなあ(遠い目)。渡辺美里だっけ。

なんつーかもう、最近の女子中学生はカゲキだ。
いやカゲキで済む問題じゃないんだけど。


まずコレ。
札幌市の女子中学生、担任のけんちん汁に薬物混入

このお嬢は「注意されたからいたずら半分で入れた」とか抜かしてやがりますが。
理由もさることながら手段が、ねえ?
何にしても薬物はマズいだろう。


そして更に。
大阪の女子中学生、「授業わからん」と中学の窓22枚割る

どんな光景だそりゃ。
「こんなん分かるかボケ~!」とか叫びながら叩き割っていったとしたら怖いな。


ていうかもう何でもアリじゃん。

私が中学生の頃は(もう十数年前になるが)、このテの問題を起こすのは男子と決まっていたものだ。
女子は心身共にオトナになるのが早いからな、そういうアフォな男子を冷ややかな目で見ているというのが常で。

ウチの中学では、深夜に意味もなくチャリで町内をウロついて、パトカーと追いかけっこした、などと自慢げに話す男子がいたり。
男子に混ざって廊下でプロレスごっこをしているオトナになりきれてない新任の男性教諭がいたり。

女子はその光景を溜め息混じりに冷めた目で見てたっけ。

そもそも女子って現実的かつ堅実的(打算的?)なタイプが多いと思うんだよな。
おかーさんになる性だからだと個人的に思うのだが。
だっておかーさんが夢想的で破滅的な性格してたら大変じゃないか。


そこまで考えてふと怖くなった。
彼女らもいつか大人になっておかーさんになるのだろうか。

ひとつの物事ですべてを判断するのは危険だと思うけど。思うけれども。
彼女らがいつか授かるかもしれない子供たちがどうしても心配になってしまうのは、きっと私だけのせいじゃないと思うのだ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-22 21:42 | News | TOP▲

案外のどかな首都圏

東京都を囲むように位置する神奈川県、千葉県、そして埼玉県。
この1都3県をひっくるめて「首都圏」と呼ぶ。
(本来は関東地方の1都6県+山梨県を指す言葉だが、一般的にはコッチの方がしっくりくる)

そんな「首都圏」な神奈川県で、東名高速にシカが迷い込んだそうだ。


いやぁビックリしたな。
なんせ神奈川だぞ?横浜ベイ山下公園あたりで大下&鷹山コンビが大暴れするあの神奈川だぞ?そんな神奈川に野生の鹿がいるなんて想像もしなかった。
ちなみに、気の毒なことにこのシカさんは捕獲後に亡くなったそうだ。

しかし考えてみりゃ、横浜も湘南も鎌倉も小田原も箱根もおんなじ「神奈川」だ。
足柄山には金太郎も神奈川県民なのだ。
(昔、通りすがりの女子中学生が「横浜って千葉県だよね?」と抜かしているのを目撃して愕然とした記憶があるが・・・。日本教育の明日はどっちだ)

「東京」と言っても、お台場も葛飾柴又も青梅もおんなじ「東京」だし
(「23区以外は東京じゃねえ」という人はけっこう多いが、柴又や巣鴨や練馬はイイのだろうか)
・・・千葉と埼玉は、まあ言うまでもないか。


「首都圏」などと言うと、特に地方から見るとなんだか都会なイメージがどうしてもするのだが、その実けっこう田舎だったりするんだよなあ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-20 18:48 | News | TOP▲

通勤電車と優先席と、おかあさんになる人と

マヌケな怪我をしてから早や3週間。
GWは医者に言われた通りにおとなしく過ごしましたよ。ちぇ。

ところでそんな怪我をしてからの日々、一番辛かったのはやはり通勤電車だ。
つり革はそれ自体が揺れるため支えにはならず、身体を支えるためには両手で鉄棒を掴まなければならなかった。
しかも鉄棒をつかめる位置に立つと、満員電車では他人の体重まで支えるハメになる。
地元から都心へ向かう電車はまだいい。鈍行に乗れば空いているからな。
問題は山手線である。コイツは常に馬鹿馬鹿しいくらいに混んでいる。
キビシイ。トテツモナクキビシイ。

そんな状態だから、電車に乗る時は、優先席のある車両に乗るようにしていた。
普通の席では、座れても怪我した足を蹴っとばしていく心無い人が結構いるのだ。
コッチだって好きで片足投げ出してるワケじゃねえ曲げられねえんだよと何度叫びたかったことか。
優先席に座れば、さすがに蹴られることは殆どなかったからな。

優先席の前に立って、席を譲ってもらったことが一度だけあった。
譲ってくれたのはキャリアウーマン風のお姉さん(たぶん30代くらい)。
あの時は本当に助かりました。お姉さんありがとう。
逆を言えば、それ以外に席を譲られた事がなかったという事なのだが…。
まあ私もスカート率低かったし、怪我が分かりにくかったせいもあるだろう。そういうことにしておこう。

とにかくそんな風に優先席の前に立つ事が多かったせいで、イロイロと考えさせられる事が多かった。
優先席がある車両が少ないとか、車椅子用のスペースがある車両もあるがこの混みようでは乗るに乗れないだろうそもそも本気でバリアフリーとやらに取り組もうとする気があるのかとかまあイロイロ。
そして優先席に座る人たちの事情とか。


足もそろそろ治ってきて、でも相変わらず鉄棒にすがらないと揺れた時に転びかねないから座れると楽なんだけどなあくらいの気持ちで優先席の前に立っていた時。
その優先席近くのドアにもたれかかっている女性が目に入った。
その女性の腕にかけたバッグには、見覚えのあるマークのついたストラップが

うわあこの人おかあさんになるんだ。

うわあすごいと何故か感動。そういえばこのマーク街中で見たのは初めてだ。
ちょっと誰か席譲ってあげなさいよと目の前の優先席に座った人を見る。
3人席の右端に座った女性は・・・とても具合の悪そうな人だ。時々咳き込んでいる。
左端に座った中年男性は・・・分からないけどひょっとしたら心臓とか何処かが悪い人かもしれない。
しかし真ん中に座ったにーちゃん、オマエは絶対違う。どこも悪くねえ!
本当にこの席を必要としている人は優先席でケータイ弄ったりしねえんだよボケ!
しかもケータイに夢中で周りを見ることもしやしねえ。
コンニャローメ脳天に元彌チョップ喰らいてえのかバカヤローコンニャローメ!

・・・言えない。
例え向こうが悪くても「ちょっとどきなさいよ!」なんて言えない。私は小心者だ。

どうしたものかと困っている時、電車が目黒駅に到着。件のにーちゃんが席を立ち電車を降りた。
やった!おかあさん席空いたよ!!とキラキラした目(たぶん)で彼女の方を向くと・・・ありゃ、おかあさんも降りちゃった(´・ω・`)

せっかくおかあさんマークを見つけたのに、悲しい結果に終わりました。


そういえば、私は妊婦さんに席を譲ったことがない。
赤さん抱いたおかあさんにはあるんだけどな。
(アレを無視できるおっさん連中の神経の太さに驚いちゃうね)
遭遇する機会が少ないのかも知れないが、見た目じゃほとんど分からないのだ。
お腹が目立たない5ヶ月以下なんてまず分からないし、着た経験がないせいかマタニティドレスと普通のワンピの区別すらつきませんよ。最近のおかあさんはお洒落だから余計にさぁ・・・orz
高いヒール履いてたらまず違うだろうというくらいしか区別できないのだ。

↑のおかあさんもジーンズ履いてたし、マークがなきゃまず分からなかっただろう。


アンケートによると、席を譲られたことがない妊婦さんは44%にも上るらしい。

おかあさんになる皆さん、お願いです。
私のようなニブい人間にも分かるように、おかあさんマーク(マタニティマーク)をつけてください。
そうすればこの結果も少しは・・・いや全く違うものになると思いたい。


たまひよのアレは分かりやすくてしかも可愛いのでおススメです。
NPO法人の公認マークにもなっているし、以前持ち上げておいて今更言うのも何だけど政府が公表したマークより分かりやすいと思う。こっちの方をオフィシャルマークにすりゃ良いのにな。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-07 02:02 | News | TOP▲

「夢」ってなんだ?

安定した生活を捨てて、フリーターになってまで叶えたい「夢」があるというのは素晴らしいことだと思うし、羨ましくも思うぞ。

ところで、キミたちの言う「夢」って何だ?

ゆめ【夢】 〔「いめ」の転〕

1 睡眠時に生じる、ある程度の一貫性をもった幻覚体験。多くの場合、視覚像で現れ、聴覚・触覚を伴うこともある。非現実的な内容である場合が多いが、夢を見ている当人には切迫した現実性を帯びている。
 「―を見る」「―からさめる」

2 将来実現させたいと心の中に思い描いている願い。
 「少年らしい―を抱いている」「―は果てしなく広がる」

3 現実とかけはなれた考え。実現の可能性のない空想。
 「宇宙旅行は―ではなくなった」「―のような話」

4 心の迷い。迷夢。
 「見果てぬ―を追う」

5 現実を離れた甘美な状態。
 「新婚の―の日々を送る」「太平の―をむさぼる」

6 はかない物事。不確かな事。
 「―と消え去る」「―の世」
(大辞林より抜粋)


以前、R25の姉妹紙として一度だけ配布された「R17」に、16~18歳の若者に「将来の夢」を聞いた街頭インタビュー記事が載っていた。
自分の夢を書いたフリップを持った写真がずらり並んだその記事に、思わずツッコミを入れたのは恐らく私だけではないだろう。

普通、ココで言う「将来の夢」とは「弁護士」や「保育士」、「介護士」など具体的な職種などを指すと思われる。
しかし中には面白いというか失笑を買うようなこんな珍回答もあった。
(残念ながら現物は手元にないが、インパクト大のためけっこう鮮明に覚えている)

○ケース1:「東大に入る」(男子)
そりゃ「将来の夢」じゃなくて「当面の目標」だろう。
東大に入って具体的に何がしたいんだオマエは。まあ本人の実力的にかなり無理があるならそれは「見果てぬ夢」だが。

○ケース2:「ビッグになる」「金持ちになる」(ともに男子)
ええと、具体的に何やるのオマエら?
犯罪にだけは手を染めるなよ。

○ケース3:「王子様と結婚して子供は3人」「セレブになる」(ともに女子)
ま、がんばりや。

特にケース2と3は、「将来の夢」というよりも「願望」、または「妄想」。
辞書の意味でいうなら3~5にあてはまるモノだ。
現実を見ていないという意味においては幼稚園児並みかソレ以下。
ウケ狙いとしか思えないのだが、もし本気で言っているならビックリだね。
(ちなみに「介護士」は16歳女子の、「王子~」は18歳女子の夢である)


まあどんな夢を持っていようと、それを実現させようと努力する事は良いことだ。
就職したら叶えられない、と言うのなら(それも私にゃ納得いかんのだが)フリーターでも何でもやってくれ。どういう生き方を選ぶかはキミたちの自由だ。

ただし、それのために親の脛を齧るようなマネだけはしてくれるなよ。
夢のためにフリーターをやると言うなら、一人暮らしでもして家賃光熱費その他全て自分でまかなえ。親からの仕送りは一切受け取るな。
自分の夢とやらのために親の人生台無しにするんじゃねえぞ。


余談だが、セレブと金持ちは別物である。
金を持ってるだけならただの「成金」。ヒルズ族だって大概は成金だ。
成金がセレブを装ったってそりゃ「セレブもどき」。ホンモノとは程遠い。
3代続かなければ江戸っ子とは言えないのと同じようなもんだ。
コレは私の持論だが、以前デヴィ夫人も似たような事を言っていたので多分間違いないだろう。


More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-03 01:21 | News | TOP▲

学ぶべきこと、やるべきこと

恐らく小学生の頃だったと思うが、社会科の授業で「水俣病」という名前を習った。

習ったのは、その名前だけ。
「公害病」として一緒に「イタイイタイ病」、「四日市ぜんそく」、「第2水俣病」なども習った記憶があるが、それらもみな名前だけだ。
被害に遭った人たちがどんな風に、どれだけ苦しんでいたのか、企業や国家がどんな対応をしたのか、そんなことすら教わっていない。
それどころか、当時の私は「いずれ治る病気」くらいにしか考えていなかった。

だからその名前を習った当時、私の中でそれらはとうの昔に終わったこと。昔話のひとつに過ぎなかったのだ。


そして水俣病が認定されてから50年目を迎えた今、ニュースの特集を見て、私は初めて「水俣病」というものを知った。

愕然とした。
未だにあんなに苦しんでいる人たちが大勢いるじゃないか。
全然「終わって」なんかいない。今この瞬間も続いているじゃないか。

完全介護が必要な水俣病の重症患者が「(親が)死ぬときは自分も連れて行ってくれ」と年老いた両親に言ったことがあると聞いた時、何も言えなくなってしまった。
自分の子の口からこんな言葉を聞いた親の気持ちはどんなだろう。親にそう頼まなければならない子の気持ちはどんなだろう。

子の介護をするその両親もまた、水俣病認定患者である。


この現実を知らなかったのが私だけならまだいい。私が阿呆なだけの話だ。
しかし恐らく、知らなかった(あるいは未だに知らない)人は他にも大勢いるのではないだろうか。
学校では名称としてしか教えてくれない。こういう節目でもない限りマスコミで取り上げられる事もない。勿論国も現在の被害状況を大々的に公表したりする事はない。
地元の人や、身内に被害者がいるなど身近な事柄でない限り、知る機会はなかなか得られないのが実情だ。

更に、国家としては被害の報告はおろか、歴代の首相は誰も犠牲者慰霊式に参列していないというから驚きだ。小泉首相をはじめ、多くの議員が現在も靖国参拝だの何だのにはやたら拘っているのに、である。
確かに戦死者を悼む気持ちは大切だ。戦争を二度と起こさないという決意も大事だ。
けれどそれよりも前に、未だ生きて苦しんでいる人たちがいる公害病の慰霊祭に出席するべきではないのか?
(靖国参拝は存命の戦争被害者に謝罪しているとは到底思えない)
ヒロシマ・ナガサキの慰霊祭に出席するのと同じ気持ちで、二度とあなたたちのような犠牲を出すことがないようにと祈り誓うことはできないのか?

どうも日本の政治家は(他の国も同じかもしれないが)臭いものにフタというか、本当にやらなければならない事に目を瞑って、重要度の低いモノにばかり手をつけたがるような気がしてならない。


社会科や歴史という授業は、言葉を詰め込み年表を覚える暗記科目ではない。
過去に起こった事柄から学び取り、これからの世の中をより良い方向に、そして過去と同じ過ちを二度と犯さないようにするために学ぶものだと私は思う。

残念ながら、私はそういう意味での教育を受けることはできなかった。
今の、そしてこれからの子供たちは、はたして本当の意味での「教育」を受けることができるのだろうか。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-02 03:07 | News | TOP▲

ほっとけニャかったのヨ。文句ある?

アタシたち猫族はネ、誇り高いイキモノなのヨ。

アタシたちのコトを「気まぐれで素っ気なくって言うこと聞かない」なんて言うニンゲンがいるらしいけど、あったりまえでショ。なんでニンゲンなんかの言うこと聞かなきゃならニャいのヨ。

犬族の連中を見てるとバッカみたい、って思っちゃうわ。何が楽しくてニンゲンにまとわりついてるのかしら。せっかく綺麗な毛皮の上に窮屈そうな布着せられちゃってサ。なんでニンゲンなんかに媚売らなきゃいけニャいの?
・・・ま、アタシもごはんくれる人にはちょっとだけ愛想ふったりするけどサ。

基本的に、アタシたちは他人が何してようが気にしニャいのよネ。
だって何してようとソッチの勝手でショ?
だからアタシたちに余計にかまったりするニンゲンがいるとイヤなワケ。オバチャンとかコドモとか、べたべた触られるのもイヤ。うるさくて逃げ出しちゃうコッチのキモチも分かってほしいわ。

でもね、そんなアタシも今回ばかりは「ソッチの勝手」とは思えなかったのヨ。


猫族は夜型でしょ?だからあの時もアタシは夜のお散歩を楽しんでたの。
夜の街はイイわよ。車とかいうアブにゃイものも走ってないし、うるさいニンゲンたちもいないしサ。
むぅ、でもちょっと冷えるわね。あらイヤだ、鼻が垂れてきたわ。

そういえば今夜は3丁目の公園で集会があるってブッチーが言ってたっけ。この街イチの美猫ガーティも来るかしら。チョット顔を出そうかしら。
そう思って顔を上げると、いつも見慣れた建物の前に、見慣れないものがあったのよ。
ニャにかしら?と思って覗き込んだら、もうびっくり。


ちょ、ちょっと、これニンゲンじゃニャいの!!


すっごくちっちゃいけど、間違いなくニンゲンよ。赤ちゃんとかいうヤツね。

ニャんでこんな夜中に、こんなトコロに赤ちゃんがひとりでいるのかしら。誰かの忘れモノかしら。でもこんなトコロにコドモを忘れるなんてことある?
ひょっとしてコレ、「捨て子」ってヤツかしら。
他人に干渉しないアタシたちだって、ちゃあんとコドモくらい育てるわヨ。ニンゲンってそれくらいのこともできニャいのかしら。

それにしても、毛皮着てるアタシだって今とっても寒いのよ?
ツルツルなのがこんなトコロにいたら風邪引いちゃうわよ。


ううん、死んじゃうかも!


さすがにこれはほっとけニャいわ。
そう思ったアタシは、声の限りに叫んだの。


「ちょっとぉーーーー!!!誰かいニャいのぉーーーーー!!?」

ぜえはあ。
へ、返事がニャい。誰も出てこニャいわ。おかしいわね。


「誰か出てきてってばぁーーーーっ!!このままじゃ赤ちゃんが死んじゃうわよーーーーーーっ!!!」

ま、まだダメ!?
まったくこれだからニンゲンって無能ニャのよ!


「暢気に寝てる場合じゃニャいのよーーーーーーっ!!!誰か起きなさいヨこのアホボケカス!!無能!!!」


もう思いつく限りの悪口を大声で叫び続けていると、ようやく住人が顔を出してくれて、あわてて赤ちゃんを病院に連れてってくれたわ。
やっぱり人を呼ぶには悪口言うのがイチバンね。ふふん。

でもおかげで集会に行けニャかったわ。あーあ。



ところで、ニャんだかアタシのやったコトが、ニンゲンたちにすごく好評みたい。
ケーサツとかいうニンゲンに褒められて、ニュースとかいうのにもなったらしいわね。

別に褒めなくてもいいからサ、あとでアジの開きでも持ってきてちょうだい。
アジの開きって知ってる?日本ってトコロの名物らしいわよ。
それから、その赤ちゃん、ちゃあんとニンゲンたちで育てるのよ?

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-17 00:12 | News | TOP▲

「しつけ」ってむつかしい

ツッコミもいいけれど、たまには愚痴でも書いてみようか。

以前のネタの冒頭部分でちょっと登場させた後輩クン。仮にSとしておこう。
今、彼の扱いにちょっと困っている。


この日は、ウチのチームの偉い人たちは皆外出していて、しかもサブリーダーも休暇。残ったのは私とS、そして新人ちゃんという雑魚3人。かなり手薄な状態だった。
必然的に、サブリーダーが手掛けている業務も私が代行する事になり、いつもの1.5倍の仕事量(重さは何十倍…)を抱えた私は朝からてんてこ舞い。うわー何だこのイレギュラーな話こんなの知らねえよと呻きながら、無い脳ミソを絞ってナントカ対応しようとしている時。

隣のSは、出社するなり新人ちゃんとデカイ声で話し込んでいる。どうやらゴルフの話らしいが、いっこうに終わる気配がない。ずいぶんと楽しそうだねぇキミたち。
辛うじてPCは起動しているが、ログオンすらしていない様子だ。

今、私たちは通常業務に加えてもうひとつ仕事を抱えている。最初の納期は来週末だという話をしたのは先週末のことではなかったか?
さすがにイラついた。オマエ何しに会社に来とるんじゃ。
「S、やることちゃんとやってんの?」
いつもよりキツイ口調、いつもより強い声でそう言う私。
あ、やべぇ、という感じで、自分の席に向き直るS。

しかしその後、しばらく様子を伺っていても、Sは通常業務以外のことに手をつける気配が全くない。
あああダメだコイツ全然状況分かってねえ。

「Sさあ、今の状況ホンっトに分かってんの?
あの仕事もあるんだよ?あのチェックから何から全部Sの仕事だよ?
私やサブリーダーは別の担当があるし、今回は偉い人たちもあっちの対応に追われてるから、コッチまで手が回らないんだよ?今までとは違って他の人が手を貸せないんだよ?そっちのチェックが滞ると私やサブリーダーの担当部分にも影響があるんだよ?本ッ当に間に合うの?」


こうやって文章に起こすとめちゃクドいように感じるが、今までの経験上、これくらい言ってやらないとSは理解してくれないのだ。
アレもコレもと、Sがやらなければならない事を挙げ連ねてやると、ようやく事態が呑み込めたらしい。もうひとつの仕事を始めてくれた。


どうにかSに仕事をさせることができたが、コッチの仕事は捗らない。サブリーダーの手掛けている案件が難解なうえに困難だ。とりあえず対応して自分の業務をこなしていると、すぐ次の問題があがってくる。
うわあマジかよ終わらねえよコレ。エンドレスじゃん。
うんざりしつつふと横を見ると、Sの手が止まっている。

私:「S、ヒマ?手あいてる?
S :「え、あ、いえコレやってるんで…
私:「でも今ソレ待ち状態だよね?裏で別の仕事やれるよね?
S :「え、あ、…はい。
私:「(コイツ冗談抜きでシングルタスク野郎だな。同時進行しろよまったく!)
   じゃあさ、サブリーダーの案件手伝ってくれる?
S :「え、ああソレの対応もしてたんですか
私:「……。(気づかなかったんかい!!)
   そう。それも2つ。だから片方手伝ってくれない?
S :「え、あ、う~~~ん……はい、わかりました
私:「(今の間はなんだと思いつつ、手元の情報に目をやる。
   …………だ、ダメだコイツの手に負えたもんじゃねえ)

   …ううん、ゴメン。やっぱいいや。私がやるよ…orz

だいぶやさぐれた気持ちで仕事に戻る私だった。

私が体調不良で休んだ日などは、ひょっとしてサブリーダーはこんな気持ちで仕事をしているのだろうか。いや私も所詮は雑魚キャラだし、毎日こんな気持ちにさせているのかもしれない。ごめんよサブリー。私ももうちょっと頑張るよ。


私の小言で状況を理解したらしい彼は、この日も翌日も残業していたようだ。
勿論、私が毎日最後までつきあう必要はないので、さじ加減のできないヤツだなあと思いつつ、帰り際にほどほどにしておけと言い残しておいたのだが。

今日、Sは遅刻してきた。
体調が悪いという。顔色も明らかに悪い。
病院に行ったらどうだ、と聞くと、大丈夫ですと言い張る。
確かに風邪などではなさそうだし、睡眠もちゃんと取っているという。
もし慢性的な病気だとしても、前日まではそんな素振りも見せなかったのに。


ねえソレひょっとして私のせい?
私のせいなのかな。
体調悪くなるほどプレッシャーかかっちゃった?

でももしプレッシャーが原因だとしても、この程度のプレッシャーでツブれるようじゃ困るんだよね。キツイ事言ってるかもしれないけどさ。
そもそも、初めから自分のやるべきことをちゃんと自覚してくれてたら、私はプレッシャーなんてかけないんだよ。分かってる?

ついでに言うと、良くも悪くも滅多に他人の事に口出ししない私がここまで言うのはかなり珍しいことなのだ。更に温厚で人当たりの良いサブリーダーを怒らせ(半ば呆れさせ)、元リーダーのIさんに至っては、Sのこと以外で怒っているのを私は見たことがない。いい加減そのあたりも理解してもらいたいのだが…。


キッチリ言って聞かせないと状況を理解してくれないし、言えばコレですか。
どんなに体調の良さそうな時でもシングルタスクっぷりは健在だし。
ていうか通常業務ほっぽって談笑してんじゃねえと言ってやりたかったが、ここで注意したらまた体調悪くなったりするのか?
叱ってダメなら褒めて伸ばすというテもあるが、コイツは褒めたら最後、満足してそこで停滞してしまうのは目に見えている。

ああもうどうしたもんやら。


優秀な人材に育てあげようなんて無謀な事は思っていない。
駄犬を並の犬レベルまで躾ける方法、どこかに載ってないかなあ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-13 02:20 | ひぐらし | TOP▲

"教育"は誰のため?

専門学校時代、ほんの一瞬だけ同級生だった男がいた。

北国出身の彼は、上京して一人暮らしをしていた。
私より3つか4つ年上で、当時既に20歳すぎ。見た目も中身も大らかで、いきなり他人に「リリー」などとイカレたあだ名をつけようとする陽気な人間(頼むからやめてくれ、私はそんなファンキーな人間じゃないと渋谷のど真ん中で懇願したっけ…)。人懐こい性格で友人も多い、笑顔が印象的なヤツだった。

ウェイターなど、どっかの店員が似合いそうな彼だが、実は今まで一度も働いた事がないという。

繰り返し言うが、彼は既に20を過ぎていて、都内で一人暮らしをしている。
なんで?バイトしないの?と尋ねると、彼からはこんな答えが返ってきた。

ウチの親父が、子供が学生の間は一切バイトとかさせたくない、って言うんだよ。学生の間は、全部自分が養うって。

つまり、彼の学費や一人暮らしの生活費もなにもかも、全て親が出しているのだ。学校帰りに食事をするのも、飲み会の費用も何もかも親持ち。
某新聞社と繋がりのある学校だったため、周りには新聞配達をしながら通学している奨学生が多かっただけに、彼の存在は異色だった。


当時18歳だった私ですら、この考えには疑問を持った。
よそんちに口出すのもなんだけど、それってコイツが就職するまで面倒を見るってことだろ?あと数年まったく世間を知らずに就職してイキナリ社会に出たら、苦労するのはコイツだろう。

そんな私の心配をよそに、彼は入学から数ヵ月後には学校を辞め、「写真の勉強をしたい」とまったく別の専門学校に入学した。彼との付き合いはそれで終わりである。
せっかく高い入学金を払って入学したのに、ロクに授業も受けないまま。彼は一体何がしたくてココに入ったのだろう。
そういえば彼は英語の勉強もしていて、語学学校にも通っていた。世間では、子供一人あたりにかかる教育費(塾や予備校含む)の総額は平均1000万円と言うが、彼には一体いくらかかっているのだろう。想像するだけで目眩がする。


ところで、よしながふみの「フラワー・オブ・ライフ」という漫画がWingsで連載されている。最新号(2006年5月号)掲載の第14話に、こんな台詞があった。
お父さんは一見すっごく子供思いの優しいお父さんみたいに見えるでしょ?でも違うのよ、親だって結局自分の事しか考えてないの。
自分の事以上に子供の事を考えてるって言ったって、それは自分が生きている間だけの事なの。自分が死んだあと、生活能力の無い子供がどんなに困るかなんて考えもしないで、こうしてあなたを甘やかしちゃうの。
結局あなたの人生を誰よりも考えられるのは、あなた自身だけなのよ。

そうなのだ。
子供に苦労させたくないという親心は分からなくもないが、必ずしもそれが子供のためになるかというと、そうとは言い切れないのだ。
NEETやってる若者とその親に、この漫画を読ませてやりたい。

私にしてみれば、子供の将来を考えていないという点においては、この親父も子供に万引きさせていたバカ親と大差ない。
彼は今どうしているのだろう。もう30過ぎているハズだが、まだ学生とかやってたら嘲笑えるなあ。


このたび愛知県にエリート養成学校が開設されたらしいが、これも果たして子供のためになるのかどうか。ヘンなエリート意識が身について、プライドだけが高くなりそうな気がしなくもないのだが。
大学を2つも出ておきながら、会社では全く役に立たなかったという例を知っているだけに、ココの卒業生の未来が気になるところである。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-09 01:54 | News | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE