タグ:夢 ( 6 ) タグの人気記事

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

眠りを妨げるもの


ちかごろ睡眠時間が長くなったせいか、よく夢を見るようになった。
たまにマンガそのもの(コマ割りまでされた状態)の夢を見る事がある。
いろんなイミでビョーキかな、と思う今日このごろである。


先日、そんなマンガみたいな夢を見ている最中、現実の電話のベルにそれを打ち破られた。
家族全員がケータイを持っているせいで、最近ではその存在すら忘れられがちな家の電話のベルである。
電話を取ったのであろう、父が話す声が聞こえる。
それを遠くで聞きながら、暗い部屋の中でケータイをもそもそと手探り、ふと考えた。

あれ、今日は何月何日だっけ。
ケータイってどのボタン押すと日付とか見られるんだっけ。

さすがに「わたしは誰」までは行かなかったが、だいぶ寝惚けていたようだ。
今は夜?昼?それとも朝??などと思いながら、ようやくはっきりしだした頭でケータイを見る。
ディスプレイに映し出された時間は、「6:38 A.M.」

こんな朝早く電話してくるんじゃねぇーーー!!と心の中で叫びながら、二度寝したのは言うまでもない。


どうやら電話の相手は母の友人だったようだが、ライフサイクルの違いというモノを考慮に入れていただけない方のようだ。

久々にExciteのコネタで見つけたネタ「朝7時台の電話にカルチャーショック!?」によると、やはり中高年の方にそのような傾向があるらしい。
「こっちはみんな起きるのが早いから7時でもいいんだよ」という気持ちは分からなくもないが、起きてりゃイイってもんじゃない。
できれば相手の都合もちょっとくらい考えていただきたく思う。

特に最近は核家族化が進み、共働きの家族もかなり多い。
大人は通勤、子供は通学。みんな出かけなければならない。
通勤通学時間に間に合うように、朝食を摂ったり身支度をしたり、更に洗濯ゴミ出しetc.
あなたに構って遅刻するワケにはいかないのだよ明智クン。


夜にかかってくる電話も考えものだ。
できれば世間一般的に夕食時と呼ばれる時間、および調理する時間を考慮して、緊急時でなければ18~19時台は避けていただきたいものだ。

うちの祖母はよくこの時間帯に電話してくる。本人はどうやら17時台には夕食を済ませてしまうらしいが・・・。
また、兄の仕事相手には、なぜか夕食時を狙って電話してくる人がいる。
電話が長引くと、せっかくの夕食が冷めてしまってとても気の毒だ。


若い人には夜中に電話してくる人もいるが、アレもいかがなものか。
ライフサイクルが近ければ恐らく問題はないだろうが、翌日が出張で5時起き、なんて場合もあるので要注意だ。




そんなコト言ってたら電話できないじゃないか!


そう思ったアナタ、正解。
わたしはこういうことをごちゃごちゃ考えすぎて電話ができないタイプの人間だ。

特に小さなお子さんのいる家庭には電話しづらい。メールもしづらい。
ケータイを目覚まし代わりに使う人が多いので、メールの着信音で起こしてしまわないかと考えてしまうのだ。
わたし自身、深夜3時にスパムに叩き起こされた経験があるから尚更である。
以前、生後6ヶ月の赤さんがいるママから、真夜中にメールが来た時には心底驚いたっけ。


こんなわたしが、誕生日おめメールのような旬な内容のメールを送っていない事を深夜に思い出すと最悪だ。
さすがにもう寝てるよな、とメールするのを躊躇い、結局出さずじまいになってしまう。
今年に入ってから既に2人、送りそびれて後悔している。
(Kさん&Sちゃんゴメン!)
昨日も、深夜になってからバレンタインメール送ろうと思ってたのを思い出した。
今、更に日付をまたいで深夜3時過ぎ。2日も過ぎるともう送れない。

こうやって友達と疎遠になっていくんだなぁ。いかんなーorz





ちなみに。
冒頭の夢の内容は忘れてしまったが、今朝もこんな夢を見た。


夢の中のわたしは活発そうな小学生の女の子になっていて、緑豊かな郊外にある庭付き一戸建ての家に住んでいる。
隣に住む家族とは仲が良く、たまにホームパーティを開いたりするようだ。

その日の夜も、隣の家族と一緒に食事をすることになっていた。
わたしは塾か何かの帰りなのだろう、暗い道をひとりで歩いている。
そこへ、隣の家のおじさんが迎えに来てくれた。

おじさんは、なぜか小野寺昭である。
現在よりも少し若い頃の小野寺昭が、にこやかに手を差し伸べてくれる。
わたしはその手をとり、手をつないで一緒に歩き出す。

(小野寺昭・・・ってことは、コイツが犯人だな)

唐突になんの脈絡もなくそう考えながら歩いていくと、5階建てくらいのビルの前に出た。
どこかの中堅企業のビルのようだ。製造業らしく、工場が隣接している。
ビルからは明かりが漏れている。残業でもしているのだろう。
ビルの前を通り過ぎようとしたその時。

突然の悲鳴。

わたしと殿下――もとい「おじさん」は、悲鳴が聞こえたビルの方に駆け寄った。
入り口のガラスのドアを押し開けると、目の前には薄暗い小さなロビー。
正面に見えるのはエレベーター。開いた扉から漏れる光が眩しい。

その光の中は、一面赤く染められていた。

中年の男性が、扉の正面の壁にもたれかかるようにして倒れている。
胸元から流れた夥しい血が、小太りの身体と白かったはずの周囲を染め上げ、そのうつろな表情からは既に事切れているのが分かった。
その傍らには血の付いた包丁を持った男が一人、呆然と立ちすくんでいた。

その光景に凍りついたわたしたちだったが、先に我に返ったおじさんが男を取り押さえ、警察に通報した。
男は取り押さえられる際に、何かを叫んだようだったが、わたしの耳には届かなかった。

(この男じゃない。コイツが・・・おじさんが犯人なんだ)

わたしの直感が、そう叫んでいた。









この時、わたしを現実に引き戻す声が聞こえた。
親に叩き起こされてしまったのだ。



サスペンスドラマの導入部のみを見てしまった状態。
(ちなみにおじさん以外は殆どがアニメーション。一部コマ割りされたマンガも混じっていた)
恐らくこのドラマには再放送はないだろう。
あああ犯人はいったい誰だ。

本当におじさんが犯人なのだろうか。
おじさんが犯人なら、そこには何らかのトリックがあるはずなのだが・・・。


いずれにしろ、真相は闇の中である。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2008-02-16 02:55 | こネタ | TOP▲

Mechanical Design。


夢を見た。


休日の秋葉原、いそいそとケータイを買う夢を見た。





なんだか最近夢ネタばかりな気がするが、ホントなんだからしょうがない。


ITMediaに載ってた写真にひとめぼれし、いつ出るかと待ちに待ってた新機種。
発売された翌日の夜、夢の中でまで買いに行っちまうくらいのホレっぷりに我ながら呆れつつも観念して、買っちまいましたW44S。

ケータイにひとめぼれしたのなんて久しぶりだ。
確かリボルバー式ケータイ(A5502K)にホレて以来だからもう何年ぶりだろう。
(昔からこういうイカレた機種に弱いのだ)
今回W44Sにホレたのは言うまでもない、あのメカニカルな印象のデザインと、デュアルオープンディスプレイ。そして何と言ってもあのザクカラーだ。
ラインアップには「オリーブ」とあるが、「ZAKU」でいいじゃんもう。キャノンしょったザクにしか見えん。


ところが店頭で確認すると、ザクはどうやらガンヲタを中心(?)に大人気のようで、発売3日目にして早や在庫切れ(次回入荷日未定)。
私の周囲では反応がイマイチだったが、私の妄想力が大暴走したワケじゃなかったんだねっ!みんなザクに見えるんだねっ!

しかしザクが入手できないとなると、どっちのカラーにするべきか。
デモ機をぱかぱか開閉してみたり、黒とシルバーを手に取って見比べてみたり、じっと腕を組んで眺めてみたり。
それでもどうにも決めかねるので、店員をつかまえて機能説明を受けつつ、色についても聞いてみた。

「やっぱりオリーブは一番人気で、もう在庫がないんですよねー。
 ウチの場合だと、次がシルバー、黒の順に人気です。
 黒は指紋が目立つのでどうしても・・・」

指紋?そんなのPENCKで慣れてますがな。大丈夫メガネ拭きで磨くから。

そんなコトを言いつつあっはっはと笑っていて、ふと思い出した。
コイツら、カラーごとにバックライトの色が違うんだよな確か。
ザクのバックライトがゴールドで、シルバーが白、んで黒は・・・紫だった。
そういや昔「闇のパープルなんとか」いう少女漫画があったな。どうでもいいけど。

よっしゃ。黒にしよ。


早速、アイコンや壁紙をauからダウンロードしてきたLISMOのデザインに変更。ついでに、先日GETした赤いクマさんのストラップもつけてみた。
ゴツい印象がやや薄れ、なかなかにかあいらしい仕上がりに満足。何色にも合うし、シンプルな黒にして良かったかも。





・・・あ。

この赤くまをザクにくっつけたら、ひょっとして能力3倍??



く、くそぅorz
やっぱ欲しかったなぁザク。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-12-12 01:49 | 機々械々 | TOP▲

松坂じゃないあたりがタイムリーじゃなくて謎


ある日の夢。

私はなぜか半身不随で車椅子に乗ってます。
介助士さんらしき若い女性と一緒に、母校の学園祭に来ているようです。



そしてなぜか、イチローが一緒にいます。



さすがにユニフォーム姿ではありませんが、トレーニングウェアを着ています。
ちっともおしゃれじゃありませんがカッコイイです。
イチローは私と友人らしく、介助士さんも交えてフツーの会話を楽しんでます。
女子高生たちがみんな遠巻きに見ています。注目の的です。



そんな中、イチローはふと溜め息まじりにつぶやきました。
私たちだけに聞こえるような小さい声で。



「今年さぁ、ボーナスカットされたんだよねー・・・」





イチローですらボーナスカットだなんて景気が悪いのねぇとしみじみ思っているところで目が覚めました。










縁起でもねぇ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-11-13 00:53 | ひぐらし | TOP▲

動物は、その日に起こったことを夢に見るそうですが。


こんな夢を見ました。




昨日。

大した理由もないのにSみたんにほめられてました。

(逆夢でないことを祈るばかりです)




一昨日。

KYクンと地元のマクドで待ち合わせて2時間くらい待たせ、ふたりでごはんを食べてました。

(あえて地元のマクドなあたりが意味不明です)




その前の日。

私は悪い仲間と3人で、どっかのエライ教授さんの金庫から金を盗み、ケーサツに追われてました。
事件の捜査をしている刑事さんのひとりが、N探偵でした。

(捕まる前に目が覚めたのがせめてもの救いです)





3日連続で、夢に知人が出演したのはたぶん初めてです。


普段よく会話するひとたちは、夢には滅多に出てきません。
シチュエーションはともかく、この3人が夢に出てきたのは、最近このひとたちと久々に会話する機会があったので、印象が強かったのでしょう。



私はやっぱり動物寄りかorz
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-11-13 00:12 | ひぐらし | TOP▲

昨日見た夢 ―M―

私はよく夢を見る。
願望とか妄想の類ではなく、寝ているときに見る方の「夢」。
(いや妄想も嫌いじゃないんだけど)

夢は基本的にカラー。音も聞こえるし手触りもわかるくらいにリアルだ。
時代考証はめちゃくちゃで、場所もまちまち。たぶん行ったことがないだろう場所が、夢の中で何度も出てくることもある。
もちろん、ストーリーなんてあってないようなものだし、アリエナイ状況から更にアリエナイ展開を見せることもあってなかなかに面白い。

夢に出てくる人たちは、たいてい見知った人たちだ。
家族だったり、毎日のように顔を合わせている同じ職場の人たちだったり、よくTVで見かける芸能人だったり。
中には、小学校の同級生だったり昔のバイト先の店長だったり昔の恋人だったり、普段は記憶の片隅に追いやられているハズなのに、なんで今更何の脈絡もなくこの人が?と首を傾げたくなるほど懐かしい人たちが出てくることもある。
そして、ごく稀にではあるが、まったく知らないはずの人が気の置けない友人などとして登場することもある。
中学時代の友人と会社の上司など、お互い知らないはずの人たちが当然のように仲良く談笑していたりするから、寝起き直後は本気で混乱することもあるくらいだ。



昨日、夢を見た。

見知らぬ街――再開発されたばかりのような、妙に小綺麗でさっぱりとした、どこかよそよそしささえ感じる――の小さなスーパーに立ち寄る私。
バイトの女の子と立ち話をしていて、店長が手土産をくれたりしている。
どうやら私は、以前ここでバイトをしていたという設定らしい。

その時、店に入ってくる男性がひとり。この店の店員のようだ。

誰だっけこの人。
ああそうだ、最近オツキアイを始めた私の恋人じゃないか。
ええとこの人の名前なんだっけ。なぜだろう、思い出せない。

ああそうだ、この人はMさんだ。
でもMさんも私もやたらと素っ気ない。私はMさんにどういう風に接していたっけ。

店を出てしばらくして、私はMさんに指輪をあげる約束をしていたことを思い出す。
ポケットの中を探ると、小さなくまのマスコットと一緒にシルバーの指輪が出てきた。
何気なく、くまと指輪を片手に持ち、上下にぶん、と振ると、なぜか指輪がもうひとつ増えた。
うわ何だこりゃ、と思って増えた指輪をよく見ると、純度が落ちているではないか。
指輪の内側にシルバーの純度が刻印されていて、その数値が下がったのだ。

びっくりしてとっさにまたくまと指輪を振ってしまった。
コロン、ともうひとつ出てくる指輪。
更にシルバーの純度が落ちている。33%ずつのものが3つできてしまった。
ああコレがいわゆる等価交換ってヤツ?などと暢気なことを言っている場合ではない。元に戻らないじゃないかコレ。しかも純度が落ちただけあって輝きも鈍ってしまった。
うわあどうしよう。

これではとてもMさんにはあげられない。新しいのを買おう。
そう思って、人もまばらで妙に白んだ感じのする街中を駆けずり回り、近くの店に片っ端から入ってみる。
しかしあるのはブティックや雑貨屋さんばかり。どこも新しくて綺麗な店ばかりだが、肝心のアクセサリーショップがない。仕方なくそれぞれの店で少しずつ置いているアクセサリーを眺めてみるが、指輪がない。うわあどうしよう。
どうしようどうしよう。


――と焦っているところで目が覚めた。



ところで、Mって誰やねん。

顔は見覚えがあった・・・というか、過去に知り合った人たちの中で同系統の顔をした人が何人かいた。
少しクールっぽい感じのする細面で、どっちかってーとややイイ男に入るかなぁ?という顔。だが知り合いの中の誰とも違う。ぶっちゃけアレは見た目も醸し出す雰囲気も私の好みではない。いっそ苦手な部類に入るタイプだ。
第一、そもそも私にはMなんて名前の知り合いはいない。

Mよ、オマエは誰だ。




コレ、夢診断とかやったら深層心理がどーのと言われそうでイヤだなあ。
夢の中に架空の恋人とやらが登場している時点ででかなりイタダケナイ感じがする。
別にカレシ欲すぃーとか思った覚えもないんだけどなあ・・・。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-09 01:23 | ひぐらし | TOP▲

 顔 -Nightmare-

ふと目が覚めると、そこは私の部屋ではなかった。


部屋の中は薄暗く、足元の方にある窓だけがぼんやりと明るい。
その事が却って闇を濃くしているようだった。

しばらくすると目が慣れてきて、私は畳の上に敷かれた布団に横たわっているのがわかった。
左手にも窓があるようだが、雨戸が閉まっているのかそこから明かりはもれてこない。


ああ、なんだ。
私が昔住んでいた家じゃないか。


よく見ると、窓の傍にある家具も見慣れたものである。
しかし、私は何でここで寝ているのだろう。
確か自分の――独り暮らしをしている部屋で寝ていた筈なのに。

その時、静かに襖が開き、誰かが部屋に入ってくるのが分かった。
『気が付いたの?』
母の声だ。
私は何か返事をしようと口を開いた。しかし、うまく声が出ない。
身体を起こそうとしたが、身体も動いてくれなかった。

『覚えてる?あなた倒れたのよ』
一時は危なかったんだから、そう言う母の顔は、部屋が暗くてよく見えない。
その声は静かで穏やかであり、どんな気持ちでいるのかは読み取れなかった。

しかしいきなり倒れた、と言われても納得できない。だって確かに自分は部屋で寝ていたのだから。
そう思いつつ、恐る恐る自分の頬に手をやり、愕然とした。


それはガサガサとしていた"皮"そのもので、肉感がまるでない。
目を見開いたままその手に目をやると、ミイラのように乾いて痩せ細っていた。


ひょっとして、自宅で倒れているところを発見されたのだろうか。
それともまったく別のところで倒れたのに、自分の記憶が飛んでいるだけなのだろうか。
どのくらいの時間が経っているのだろう、とまだうまく働かない頭で考えながら、母に身体を起こすのを手伝ってもらい、よろよろと壁伝いに居間へ向かった。


居間は明るく暖かだったが、ただ静かであった。
外からは、子供たちの遊ぶ声が微かに聞こえてくる。
そこに在る音は、ただそれだけだった。


母に肩を借りたまま、部屋の隅へ腰を下ろそうとした時。
左手にある鏡が、それに映る自分の姿が目に入った。



――頬や唇には赤みがなく、落ち窪んだ目がこちらを睨んでいる。
髑髏に土気色の皮が張り付いているような、死人のような顔――。



気づけば、私は悲鳴を上げていた。
声にならない声で。








そんな夢を見た。

時々、何の脈絡もなく悪夢を見る事がある。
今回のは久々に怖かったなあ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-02-19 22:55 | 小咄 | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE