タグ:外国 ( 16 ) タグの人気記事

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

試してみたり、呪ってみたり

「神は私を守る!」などと叫びながら、不用意に猛獣に近づいた男が、ライオンに殺された。


「神」が存在するか否かはともかくとして、少なくとも、それは無謀な行為に走る信者をもただ闇雲に守るような存在ではないらしい。
案外、人にとっての「神」という存在よりも、全ての獣の「王」たるライオンの方が強かったのかも知れないな。

いずれにせよ、図らずもこの男は、「神」が己の信じるような存在ではないということを、身をもって証明してしまったのだ。



このニュースを見てふと思い出した。
そういや以前、「神」に対して呪いをかけて亡くなった人もいたなあ。

何故、自分にとって「絶対の存在として信じているモノ」をわざわざ試すようなことをするんだろうな。
ニンゲンてのは不思議なイキモノだ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-08 06:09 | News | TOP▲

日本人=ダイブ?

来週の金曜日から、とうとうドイツW杯が始まりますよ。
う~ん長かったような短かったような。

開催国ドイツとの親善試合では2-2の引き分けというまずまずの好結果だったので大いに期待しているのだが、その代償として怪我人が続出というニュースが気になるところではある。
親善試合で善戦しても、本番がグダグダだったら目も当てられないぞ。
まあ本番直前に格下チーム相手に苦戦したドイツほどヤバい状態ではないと思うが・・・。


ところで、ベートーヴェン生誕の地であり、今回日本代表チームのキャンプ地でもあるボンでは、市長が日本チームを歓迎するコメントをしているのだが、その会見中にこんなやりとりがあった。
日本人サポーターが勝利の興奮から川に飛び込む危険性を聞かれると
「ライン川は流れが速く、死の危険もある。決して飛び込まないで」
と注意を呼び掛けた。


・・・日本人はそんなに「川に飛び込む」イメージがあるのだろうか。
やっているのは阪神タイガース優勝時の道頓堀ダイブくらいのハズだが。

しかし道頓堀ならまだしも、ライン川はデカすぎる。
いくら興奮していたとしても、勢いで飛び込めるサイズじゃないだろう。

市長さんご安心ください。
仮に飛び込むにしても、せいぜい公園の噴水か、ホテルのプールあたりが関の山です。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-02 00:50 | すぽると | TOP▲

切ない片想い

以前、模型に恋したアホウドリのニュースを記事にしたけれど。

今度は、黒鳥がボートに恋してしまったそうです。


恋のお相手は、白鳥型のボート。
どんなに想っても、きっと相手が気づいてくれることはありません。

彼は、そのスワンを守るようにずっと寄り添い、他のボートが近寄ると追い払うとか。
献身的です。切ないです。



それがシアワセかフシアワセかなんて、キミたちにしかわからないけれど。

少なくとも、ニンゲンがミョーなもんを作らなければ、キミたちだって、生きていないモノに恋することなんてなかったのにね。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-28 00:24 | News | TOP▲

そろそろドイツW杯ですよ

決まりましたね、ドイツW杯の日本代表メンバー23名。

最近まったく活躍してないアレよりもコッチ選んだ方が絶対良かっただろうなどという話はひとまず置いといて。


代表に選ばれたみなさん、残念ながら今回は選ばれなかった久保や松井たちの分まで、思う存分大暴れしてきてください。

一戦一戦、みんなが悔いの残らないように。
日本から応援しています。

2006年ドイツワールドカップ出場メンバー

GK
 川口能活(ジュビロ磐田)
 土肥洋一(FC東京)
 楢崎正剛(名古屋グランパス)

DF
 加地亮(ガンバ大阪)
 駒野友一(サンフレッチェ広島)
 中澤佑二(横浜F・マリノス)
 宮本恒靖(ガンバ大阪)
 坪井慶介(浦和レッズ)
 田中誠(ジュビロ磐田)
 三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
 中田浩二(バーゼル)

MF
 中田英寿(ボルトン)
 中村俊輔(セルティック)
 小笠原満男(鹿島アントラーズ)
 福西崇史(ジュビロ磐田)
 遠藤保仁(ガンバ大阪)
 小野伸二(浦和レッズ)
 稲本潤一(ウェストプロミッチ)

FW
 高原直泰(フランクフルト)
 柳沢敦(鹿島アントラーズ)
 玉田圭司(名古屋グランパス)
 大黒将志(グルノーブル)
 巻誠一郎(ジェフ千葉)

by Exciteニュース



関連:
サッカー日本代表と共に戦うブログ
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-17 00:24 | すぽると | TOP▲

ダイハードな男

久々にK-1(オランダ大会)を観る。
最近PRIDEに押されがちだが、やっぱりK-1も面白いな。
しかも今回はKO続出。これぞK-1の醍醐味。

いぐにゃー(アレクセイイグナショフって言いづらいんだよ)も久々に観たけどアンタ身体でっかくなったなあ。貫禄が出たというか(腹回りのアレはまさか脂肪じゃねえだろうな)
最近本大会に出てこないから心配していたのだが、残念ながら今回も負けてしまった。

私はホースト、ミルコ、レバンナの次にいぐにゃーが好きだったりする。
最近は彼の良い所が全く見られないのが残念である。参戦したばかりの頃のいぐにゃーに早く戻ってくれ。

ちなみにトーナメントは2mオーバーの大男ブレギーが優勝し、日本で開催されるK-1開幕戦に出場が決定した。
またデカイ男が現れたな。チェホンマンとどっちが強いのだろう。
個人的にはこのテの大男をレミーのような細身であまりデカくない選手にKOしてもらいたい。実現したらさぞ痛快だろう。

トーナメントもさることながら、レミーボンヤスキー×ジェロムレバンナ戦も面白かった(てゆーかアレはレバンナの勝ちだろう)。コイツらすげータフガイだ。


ところで、一般人にもとんでもねえタフガイがいるようだ。
なんと2時間の間にスクーターで当て逃げ3回。
当たった拍子にぶっ飛んで車のウィンドウをぶち破っても平然。
しかもこの時はメット無しだ。とんでもねえ。

一瞬コイツはなんてダイハードな野郎だと思ったが、ダイハードだってちょっとはヘバるし血くらい流す。どっちかってーとターミネーターだろう。
そういえばF1界のターミネーターと呼ばれたM.シューマッハもドイツ出身だし、確かシュワルツェネッガー本人もドイツのお隣オーストリア出身じゃなかったか?
(首の骨折れてるのにギプス外してチームと交渉したというタフなナイスガイ、元F1ドライバーのG.ベルガーもオーストリア出身だ)
ドイツあたりにはターミネーター野郎が多いのだろうか。

ここまで打たれ強いヤツを放っておくのはもったいない。
いっそK-1やPRIDEのファイターとして育ててみたらどうだろう。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-14 23:16 | News | TOP▲

子供の頃はサイダーとオレンジジュースを混ぜてファンタオレンジを作ってた。

私は甘い飲み物が苦手だ。
子供の頃は甘いジュースやカルピスなども多少飲んでいた記憶があるが、大人になるにつれて一切受け付けなくなってしまった。

基本は日本茶か烏龍茶。コーヒー飲むならブラック無糖で。
紅茶はJAVA TEAストレート。
ジュースを飲むなら、100%のオレンジかりんごがイイね。
コーラなんて、甘ったるい上に炭酸自体がとても苦手な体質なので、余程のコトがないと飲まない。
炭酸が入ってても、ビールとかアルコール飲料は飲めるんだよねえ・・・。むしろ好きなくらい。


さて、そんなコカコーラから、「コーク・ブラック」なる飲み物が米国で発売されたらしいぞ。

文字通り(?)コーラとコーヒーのブレンドらしい。
どんな味なんだろう、とちょっと好奇心がムクムク。
だってコーヒーの苦味があるならあまり甘くないんじゃないの?ひょっとして私でも気に入るかもしれないじゃん!



・・・と思ったコト自体が甘かった。甘すぎた。
(記事抜粋)
甘さには慣れっこになっている同僚のアメリカ人でさえ「甘過ぎる~」を連発したほど、コーンシロップと人工甘味料がたっぷり入っている。


・・・や、やられたorz
普通このネーミング見たら無糖ブラックとのブレンドだと思うだろ!なぁ?
さすが腐ってもコカコーラ。甘さを控える気はないらしい。


甘いコーヒーなんてコーヒーじゃねえと言い張る私は、小6の時点で既にUCC缶コーヒーが甘すぎて飲めなかった筋金入りだ。
きっとコレ飲んだら死ねると思う。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-10 01:26 | 食・カラダ | TOP▲

需要と供給

そういえばもうすぐ母の日だ。・・・今週末だっけ?

考えてみれば、母の日に何かトクベツなことをしたという記憶がない私。父の日に至っては日付すら覚えてない始末。なんて親不孝なヤツだ。

ああでも母の日にはちゃんと「いつもありがとう」という言葉は必ずかけている。
あとは私が元気なことが親へのプレゼントかな、なんて。
でもコレけっこう重要なのよ。特に私はあまり丈夫な子じゃなかったので。


でもね、親へのプレゼントって案外チョイスに困るものだと思わないか?

例えばカーネーションを贈ろうにも、ウチの母親は植物を枯らす天才だし(そしてその才能は私にも受け継がれている)、家事をする時にもエプロンをしない人なのでエプロンも×。機械オンチだから家電製品も×だし、料理好きでもないから調理用具とかも×。かといってトクベツな趣味があるわけでもないし、母の日向けとして紹介されるようなどんなプレゼントもクリティカルヒットしてくれない気がする。

そうなると2人でちょっとお出かけしたり食事したりするとかがベターなのかな。
でもそんなの母の日じゃなくても時々あるコトだし・・・。むぅ。
まあでもそれで喜んでくれればイイか。要は需要と供給が一致してれば。


ちなみに、韓国では両親に美容整形の商品券を贈るのが人気らしいぞ。

これもまあ需要と供給が一致してればイイんじゃないの?
でも、内心「オレもまだまだ若いしイケてるじゃん♪」などと考えている親がプレゼントされたら複雑だろうなあ。子供からダメ出しされてるようなモンじゃん。

親が子供の卒業祝いに美容整形の代金を払うってのもなんとなくイヤだなあ。親が子供の整形に積極的だと、テメエで産んでおいてダメ出しかよ!とか思ってしまう。
日本だったら逆なのにね。「親からもらった身体に傷つけるなんて!」って。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-10 00:53 | News | TOP▲

ぼったくりどころの騒ぎじゃねえ

この連休、欧州に旅行に行った日本人もけっこういるんじゃないかと思うのだが、そういう人たちに聞きたいことができた。

「ボられませんでした?」

なんでも、ローマのぼったくりバーで、ビール1杯に14万支払わせたらしいからさ。
そりゃ日本にも「ぼったくりバー」ってモノがある(らしい)が、1400円程度のビールでコレはちょっとボりすぎじゃね?

そして何より怖いのが、この記事の最後。
ローマを訪れる観光客の大半は、バーやレストラン、ホテルでぼったくられた経験を持っているし、空港からタクシーに乗ると数百ユーロもふっかけられ、断ると高速道路の脇に放り出された客の話に青ざめる。

ヤヴァいでしょコレ。殺す気か?殺人未遂ですか?
よくある脅しや都市伝説的な話だったらまだ良いが、事実だとしたらシャレにならん。
残念ながらこの記事からは読み取れなかったが、地元警察などはちゃんと取り締まっているのだろうか。


永遠の都ローマも堕ちたもんだな。
こういう悪い芽は早々と摘み取ってしまわないと、折角増えた客足も遠のくぞ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-06 18:16 | News | TOP▲

本筋とは無関係に前評判の高い映画

新緑が眩しくも輝かしい爽やかこの上ないこの季節になにもこんなネタ拾わなくたっていいじゃん私。
でも拾っちゃったものはしょうがない。

近日公開のホラー映画の関係者にトラブル続出だそうだ。

ちなみに「トラブル」とは、パソコンが深夜0時になると突然電源が切れるという現象が続発したり、スタッフ数人が映画の心霊写真をパソコンに取り込もうとするとパソコンが壊れたり、公開する映画館のスタッフが足を骨折したり、映画に携わる複数の人がけがを負っていたというのだからもう。

ホラー映画にゃありがちなネタ・・・と思ったらオオマチガイですよ。
この映画にはたったひとつ、普通のホラー映画と違うところがあるのだ。

問題の映画は、タイで制作されたその名も「心霊写真」というモノ(5/20公開)。
その名の通り、映画の中で20枚ほどの心霊写真が使われているのだが、コレがなんとこの映画用に作られたものではなく、すべてタイ国内で集められた「ホンモノ」。
タイの心霊学者お墨付きのシロモノなんだそうだ。

どっかの教授に言わせれば「プラズマ」の一言で済ませられそうだし、「ホンモノの心霊写真」の真偽は定かではないが、映画用に意図的に作ったモノでないというだけでちょっとイヤだ。
(以前あった「稲川淳二の心霊写真ガチャポン」と同じくらいイヤだ)
映画自体の出来はどうか分からんが、いろんなイミで気になる映画ではある。


映画の出来とは関係ないトコロで有名になってしまったホラー映画と言われて思い出すのは、やはり「ポルターガイスト」だろう。
1作目の撮影終了後、姉役の女性が死亡(恋人に射殺されたんだっけ?)。
2作目の撮影終了後、物語の鍵を握る役の老人が死亡(病死)。
そして3作目の撮影終了後、主人公の少女が死亡(病死)。
シリーズは打ち切り。3作目公開時には「少女の霊に捧ぐ」という副題がついた。
映画の出来や「いわく」などはともかく、主要キャストにここまで不幸が続くのは確かに珍しい。

しかし、映画自体の出来は・・・どうなんだろうな。
私は周囲の評判を聞いて観るのをやめたクチなので何も言えない。


なんにせよ、こういう「前評判」に負けない内容の映画を作ってもらいたいものだ。
前評判負けしてしまう映画なんて、わざわざ観た人が気の毒すぎる。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-06 17:47 | News | TOP▲

ほっとけニャかったのヨ。文句ある?

アタシたち猫族はネ、誇り高いイキモノなのヨ。

アタシたちのコトを「気まぐれで素っ気なくって言うこと聞かない」なんて言うニンゲンがいるらしいけど、あったりまえでショ。なんでニンゲンなんかの言うこと聞かなきゃならニャいのヨ。

犬族の連中を見てるとバッカみたい、って思っちゃうわ。何が楽しくてニンゲンにまとわりついてるのかしら。せっかく綺麗な毛皮の上に窮屈そうな布着せられちゃってサ。なんでニンゲンなんかに媚売らなきゃいけニャいの?
・・・ま、アタシもごはんくれる人にはちょっとだけ愛想ふったりするけどサ。

基本的に、アタシたちは他人が何してようが気にしニャいのよネ。
だって何してようとソッチの勝手でショ?
だからアタシたちに余計にかまったりするニンゲンがいるとイヤなワケ。オバチャンとかコドモとか、べたべた触られるのもイヤ。うるさくて逃げ出しちゃうコッチのキモチも分かってほしいわ。

でもね、そんなアタシも今回ばかりは「ソッチの勝手」とは思えなかったのヨ。


猫族は夜型でしょ?だからあの時もアタシは夜のお散歩を楽しんでたの。
夜の街はイイわよ。車とかいうアブにゃイものも走ってないし、うるさいニンゲンたちもいないしサ。
むぅ、でもちょっと冷えるわね。あらイヤだ、鼻が垂れてきたわ。

そういえば今夜は3丁目の公園で集会があるってブッチーが言ってたっけ。この街イチの美猫ガーティも来るかしら。チョット顔を出そうかしら。
そう思って顔を上げると、いつも見慣れた建物の前に、見慣れないものがあったのよ。
ニャにかしら?と思って覗き込んだら、もうびっくり。


ちょ、ちょっと、これニンゲンじゃニャいの!!


すっごくちっちゃいけど、間違いなくニンゲンよ。赤ちゃんとかいうヤツね。

ニャんでこんな夜中に、こんなトコロに赤ちゃんがひとりでいるのかしら。誰かの忘れモノかしら。でもこんなトコロにコドモを忘れるなんてことある?
ひょっとしてコレ、「捨て子」ってヤツかしら。
他人に干渉しないアタシたちだって、ちゃあんとコドモくらい育てるわヨ。ニンゲンってそれくらいのこともできニャいのかしら。

それにしても、毛皮着てるアタシだって今とっても寒いのよ?
ツルツルなのがこんなトコロにいたら風邪引いちゃうわよ。


ううん、死んじゃうかも!


さすがにこれはほっとけニャいわ。
そう思ったアタシは、声の限りに叫んだの。


「ちょっとぉーーーー!!!誰かいニャいのぉーーーーー!!?」

ぜえはあ。
へ、返事がニャい。誰も出てこニャいわ。おかしいわね。


「誰か出てきてってばぁーーーーっ!!このままじゃ赤ちゃんが死んじゃうわよーーーーーーっ!!!」

ま、まだダメ!?
まったくこれだからニンゲンって無能ニャのよ!


「暢気に寝てる場合じゃニャいのよーーーーーーっ!!!誰か起きなさいヨこのアホボケカス!!無能!!!」


もう思いつく限りの悪口を大声で叫び続けていると、ようやく住人が顔を出してくれて、あわてて赤ちゃんを病院に連れてってくれたわ。
やっぱり人を呼ぶには悪口言うのがイチバンね。ふふん。

でもおかげで集会に行けニャかったわ。あーあ。



ところで、ニャんだかアタシのやったコトが、ニンゲンたちにすごく好評みたい。
ケーサツとかいうニンゲンに褒められて、ニュースとかいうのにもなったらしいわね。

別に褒めなくてもいいからサ、あとでアジの開きでも持ってきてちょうだい。
アジの開きって知ってる?日本ってトコロの名物らしいわよ。
それから、その赤ちゃん、ちゃあんとニンゲンたちで育てるのよ?

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-17 00:12 | News | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE