タグ:モラル・マナー ( 19 ) タグの人気記事

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

眠りを妨げるもの


ちかごろ睡眠時間が長くなったせいか、よく夢を見るようになった。
たまにマンガそのもの(コマ割りまでされた状態)の夢を見る事がある。
いろんなイミでビョーキかな、と思う今日このごろである。


先日、そんなマンガみたいな夢を見ている最中、現実の電話のベルにそれを打ち破られた。
家族全員がケータイを持っているせいで、最近ではその存在すら忘れられがちな家の電話のベルである。
電話を取ったのであろう、父が話す声が聞こえる。
それを遠くで聞きながら、暗い部屋の中でケータイをもそもそと手探り、ふと考えた。

あれ、今日は何月何日だっけ。
ケータイってどのボタン押すと日付とか見られるんだっけ。

さすがに「わたしは誰」までは行かなかったが、だいぶ寝惚けていたようだ。
今は夜?昼?それとも朝??などと思いながら、ようやくはっきりしだした頭でケータイを見る。
ディスプレイに映し出された時間は、「6:38 A.M.」

こんな朝早く電話してくるんじゃねぇーーー!!と心の中で叫びながら、二度寝したのは言うまでもない。


どうやら電話の相手は母の友人だったようだが、ライフサイクルの違いというモノを考慮に入れていただけない方のようだ。

久々にExciteのコネタで見つけたネタ「朝7時台の電話にカルチャーショック!?」によると、やはり中高年の方にそのような傾向があるらしい。
「こっちはみんな起きるのが早いから7時でもいいんだよ」という気持ちは分からなくもないが、起きてりゃイイってもんじゃない。
できれば相手の都合もちょっとくらい考えていただきたく思う。

特に最近は核家族化が進み、共働きの家族もかなり多い。
大人は通勤、子供は通学。みんな出かけなければならない。
通勤通学時間に間に合うように、朝食を摂ったり身支度をしたり、更に洗濯ゴミ出しetc.
あなたに構って遅刻するワケにはいかないのだよ明智クン。


夜にかかってくる電話も考えものだ。
できれば世間一般的に夕食時と呼ばれる時間、および調理する時間を考慮して、緊急時でなければ18~19時台は避けていただきたいものだ。

うちの祖母はよくこの時間帯に電話してくる。本人はどうやら17時台には夕食を済ませてしまうらしいが・・・。
また、兄の仕事相手には、なぜか夕食時を狙って電話してくる人がいる。
電話が長引くと、せっかくの夕食が冷めてしまってとても気の毒だ。


若い人には夜中に電話してくる人もいるが、アレもいかがなものか。
ライフサイクルが近ければ恐らく問題はないだろうが、翌日が出張で5時起き、なんて場合もあるので要注意だ。




そんなコト言ってたら電話できないじゃないか!


そう思ったアナタ、正解。
わたしはこういうことをごちゃごちゃ考えすぎて電話ができないタイプの人間だ。

特に小さなお子さんのいる家庭には電話しづらい。メールもしづらい。
ケータイを目覚まし代わりに使う人が多いので、メールの着信音で起こしてしまわないかと考えてしまうのだ。
わたし自身、深夜3時にスパムに叩き起こされた経験があるから尚更である。
以前、生後6ヶ月の赤さんがいるママから、真夜中にメールが来た時には心底驚いたっけ。


こんなわたしが、誕生日おめメールのような旬な内容のメールを送っていない事を深夜に思い出すと最悪だ。
さすがにもう寝てるよな、とメールするのを躊躇い、結局出さずじまいになってしまう。
今年に入ってから既に2人、送りそびれて後悔している。
(Kさん&Sちゃんゴメン!)
昨日も、深夜になってからバレンタインメール送ろうと思ってたのを思い出した。
今、更に日付をまたいで深夜3時過ぎ。2日も過ぎるともう送れない。

こうやって友達と疎遠になっていくんだなぁ。いかんなーorz





ちなみに。
冒頭の夢の内容は忘れてしまったが、今朝もこんな夢を見た。


夢の中のわたしは活発そうな小学生の女の子になっていて、緑豊かな郊外にある庭付き一戸建ての家に住んでいる。
隣に住む家族とは仲が良く、たまにホームパーティを開いたりするようだ。

その日の夜も、隣の家族と一緒に食事をすることになっていた。
わたしは塾か何かの帰りなのだろう、暗い道をひとりで歩いている。
そこへ、隣の家のおじさんが迎えに来てくれた。

おじさんは、なぜか小野寺昭である。
現在よりも少し若い頃の小野寺昭が、にこやかに手を差し伸べてくれる。
わたしはその手をとり、手をつないで一緒に歩き出す。

(小野寺昭・・・ってことは、コイツが犯人だな)

唐突になんの脈絡もなくそう考えながら歩いていくと、5階建てくらいのビルの前に出た。
どこかの中堅企業のビルのようだ。製造業らしく、工場が隣接している。
ビルからは明かりが漏れている。残業でもしているのだろう。
ビルの前を通り過ぎようとしたその時。

突然の悲鳴。

わたしと殿下――もとい「おじさん」は、悲鳴が聞こえたビルの方に駆け寄った。
入り口のガラスのドアを押し開けると、目の前には薄暗い小さなロビー。
正面に見えるのはエレベーター。開いた扉から漏れる光が眩しい。

その光の中は、一面赤く染められていた。

中年の男性が、扉の正面の壁にもたれかかるようにして倒れている。
胸元から流れた夥しい血が、小太りの身体と白かったはずの周囲を染め上げ、そのうつろな表情からは既に事切れているのが分かった。
その傍らには血の付いた包丁を持った男が一人、呆然と立ちすくんでいた。

その光景に凍りついたわたしたちだったが、先に我に返ったおじさんが男を取り押さえ、警察に通報した。
男は取り押さえられる際に、何かを叫んだようだったが、わたしの耳には届かなかった。

(この男じゃない。コイツが・・・おじさんが犯人なんだ)

わたしの直感が、そう叫んでいた。









この時、わたしを現実に引き戻す声が聞こえた。
親に叩き起こされてしまったのだ。



サスペンスドラマの導入部のみを見てしまった状態。
(ちなみにおじさん以外は殆どがアニメーション。一部コマ割りされたマンガも混じっていた)
恐らくこのドラマには再放送はないだろう。
あああ犯人はいったい誰だ。

本当におじさんが犯人なのだろうか。
おじさんが犯人なら、そこには何らかのトリックがあるはずなのだが・・・。


いずれにしろ、真相は闇の中である。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2008-02-16 02:55 | こネタ | TOP▲

快哉叫ぶ

私は嫌煙家である。

煙草の臭いがダメ。煙がダメ。煙が漂ってくるととたんに咳き込むやっかいな体質だ。
会社のエレベーターや階段も、喫煙者が利用した直後はかなり煙草臭くて気分が悪くなることもある。
煙草を吸った直後の人に近寄られると、その吐息と身体に纏った煙草の臭いに思わず顔を背けてしまうこともある。それくらいの徹底ぶりだ。
酒を呑むと多少麻痺するのか、酒の席ではある程度の我慢がきくが、嫌いなことに変わりはない。

ところが両親はヘビースモーカーで、私は子供の頃から煙に燻されながら育った。
燻され続けて数十年、立派な燻製のできあがりである。
人がメシ食ってる横で、平気で煙草をふかすようなマナーの欠片も持ち合わせていない親に対して何度キレたことか。
そうするとさすがに敵も反省するのだが、しばらく経つとまた同じ事を繰り返すんだよな。あの学習能力のなさはどうかと思う。

両親だけではない。親族も喫煙率がかなり高い。
以前、親族で旅行に行った時は酷い有様だった。移動中、閉め切ったワゴンの中で皆一斉に煙草をふかしだすのだ。
何せウチの親族には、年長者が絶対だという風潮が未だに残っている。
親の手前、一番下の立場だからと辛うじて耐えたが、できることなら私ひとり途中で帰ってしまいたかった。

いっそのことオレが心臓病か肺ガンにでもなったらイイのか?そうすりゃこの人たちも少しは思い直してくれるのか?と真剣に思ったこともあるが、ワザと病気になれるわけでもなく。
たまに帰省するたびに、心身共に耐え忍ぶことを強いられているワケだ。



そんな中で、今回のニュースである。
JR東日本の新幹線が、とうとう全面禁煙になるそうだ。

よくやってくれたJR東日本。
禁煙車が満席で、喫煙車に乗らざるを得なかった時のあの苦痛といったらもう。
煙いわ咳き込むわ気持ち悪くなるわ。涙目になりながらずっと口にハンカチあてて耐えていたっけ。
今コイツらの一人や二人抹殺しても正当防衛になるんじゃねえかと思ったなんて口が裂けても言えないけど。
しかしせっかく禁煙車に乗っても、隣の車両が喫煙車両だったりすると、デッキまで煙草臭いのが辛かったのだ。

公共の場、しかも長距離列車が全面禁煙になれば、世俗に疎いウチの親族といえど耳に入ることだろう。
自分らの排出している煙草の煙が、どれだけ他人に迷惑か。他人の健康を害するか。これで少しは分かってもらえる――かもしれない。
ありがとうJR東日本。



・・・で。

JR東海~西日本は?

東海道新幹線にゃ適用されんのかコレは?
私的にはソコが肝心なんだがなあ。


私鉄各社は異なる企業同士でも、このテの制度導入を一斉に行っているではないか。
同じグループ企業ならその辺の足並みを揃えてもらいたいものだ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-07 01:54 | 食・カラダ | TOP▲

通勤電車と優先席と、おかあさんになる人と

マヌケな怪我をしてから早や3週間。
GWは医者に言われた通りにおとなしく過ごしましたよ。ちぇ。

ところでそんな怪我をしてからの日々、一番辛かったのはやはり通勤電車だ。
つり革はそれ自体が揺れるため支えにはならず、身体を支えるためには両手で鉄棒を掴まなければならなかった。
しかも鉄棒をつかめる位置に立つと、満員電車では他人の体重まで支えるハメになる。
地元から都心へ向かう電車はまだいい。鈍行に乗れば空いているからな。
問題は山手線である。コイツは常に馬鹿馬鹿しいくらいに混んでいる。
キビシイ。トテツモナクキビシイ。

そんな状態だから、電車に乗る時は、優先席のある車両に乗るようにしていた。
普通の席では、座れても怪我した足を蹴っとばしていく心無い人が結構いるのだ。
コッチだって好きで片足投げ出してるワケじゃねえ曲げられねえんだよと何度叫びたかったことか。
優先席に座れば、さすがに蹴られることは殆どなかったからな。

優先席の前に立って、席を譲ってもらったことが一度だけあった。
譲ってくれたのはキャリアウーマン風のお姉さん(たぶん30代くらい)。
あの時は本当に助かりました。お姉さんありがとう。
逆を言えば、それ以外に席を譲られた事がなかったという事なのだが…。
まあ私もスカート率低かったし、怪我が分かりにくかったせいもあるだろう。そういうことにしておこう。

とにかくそんな風に優先席の前に立つ事が多かったせいで、イロイロと考えさせられる事が多かった。
優先席がある車両が少ないとか、車椅子用のスペースがある車両もあるがこの混みようでは乗るに乗れないだろうそもそも本気でバリアフリーとやらに取り組もうとする気があるのかとかまあイロイロ。
そして優先席に座る人たちの事情とか。


足もそろそろ治ってきて、でも相変わらず鉄棒にすがらないと揺れた時に転びかねないから座れると楽なんだけどなあくらいの気持ちで優先席の前に立っていた時。
その優先席近くのドアにもたれかかっている女性が目に入った。
その女性の腕にかけたバッグには、見覚えのあるマークのついたストラップが

うわあこの人おかあさんになるんだ。

うわあすごいと何故か感動。そういえばこのマーク街中で見たのは初めてだ。
ちょっと誰か席譲ってあげなさいよと目の前の優先席に座った人を見る。
3人席の右端に座った女性は・・・とても具合の悪そうな人だ。時々咳き込んでいる。
左端に座った中年男性は・・・分からないけどひょっとしたら心臓とか何処かが悪い人かもしれない。
しかし真ん中に座ったにーちゃん、オマエは絶対違う。どこも悪くねえ!
本当にこの席を必要としている人は優先席でケータイ弄ったりしねえんだよボケ!
しかもケータイに夢中で周りを見ることもしやしねえ。
コンニャローメ脳天に元彌チョップ喰らいてえのかバカヤローコンニャローメ!

・・・言えない。
例え向こうが悪くても「ちょっとどきなさいよ!」なんて言えない。私は小心者だ。

どうしたものかと困っている時、電車が目黒駅に到着。件のにーちゃんが席を立ち電車を降りた。
やった!おかあさん席空いたよ!!とキラキラした目(たぶん)で彼女の方を向くと・・・ありゃ、おかあさんも降りちゃった(´・ω・`)

せっかくおかあさんマークを見つけたのに、悲しい結果に終わりました。


そういえば、私は妊婦さんに席を譲ったことがない。
赤さん抱いたおかあさんにはあるんだけどな。
(アレを無視できるおっさん連中の神経の太さに驚いちゃうね)
遭遇する機会が少ないのかも知れないが、見た目じゃほとんど分からないのだ。
お腹が目立たない5ヶ月以下なんてまず分からないし、着た経験がないせいかマタニティドレスと普通のワンピの区別すらつきませんよ。最近のおかあさんはお洒落だから余計にさぁ・・・orz
高いヒール履いてたらまず違うだろうというくらいしか区別できないのだ。

↑のおかあさんもジーンズ履いてたし、マークがなきゃまず分からなかっただろう。


アンケートによると、席を譲られたことがない妊婦さんは44%にも上るらしい。

おかあさんになる皆さん、お願いです。
私のようなニブい人間にも分かるように、おかあさんマーク(マタニティマーク)をつけてください。
そうすればこの結果も少しは・・・いや全く違うものになると思いたい。


たまひよのアレは分かりやすくてしかも可愛いのでおススメです。
NPO法人の公認マークにもなっているし、以前持ち上げておいて今更言うのも何だけど政府が公表したマークより分かりやすいと思う。こっちの方をオフィシャルマークにすりゃ良いのにな。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-07 02:02 | News | TOP▲

これだからJRってヤツは・・・

アヤシイ湿布薬のせいで、膝に紫外線を当てられないカラダになっている今日このごろ。
毎日黒パンでも履いてりゃイイのだろうが、そういうワケにもいかない。これから暑くなるしできればスカートも履きたい。
黒いサポーターでもあればイイのだが、薬局には白orベージュしかない。こんなアヤシイ薬を売りつけるんだったら黒サポも売っとけよ。


そうだ、ハンズに行こう。


ハンズだったらいろんな物が売ってるし、黒いサポーターも売ってるだろう。
新宿の高島屋タイムズスクエアにあるハンズは、新南口が一番近い。
山手線だと、外回りでは最後尾車両、内回りでは先頭車両が近いので、とりあえず端っこの車両に乗って新宿へ行く。

ホームに降り立つと、目の前に新南口への上り階段があった。しかし、エレベーターやエスカレーターがない。エスカレーターを使うには、更に遥か前方まで歩かなければならないようだ。階段から見ると、100Mくらいはありそうな距離である。
歩くのも大変な人に対して、ここから更に歩けと言うのか?
使えねえなあ。これだからJRってヤツは・・・。


そのエスカレーターに乗ると、いつの間にやら新設されたらしいサザンなんとかという改札口の目の前に出た。新南口の改札口に出るには、また更に歩かなければならないようだ。
サザンテラス口って何処に出るんだ?と思い、とりあえず外に出てみる。

改札を抜けると、左手に5段程度の階段がある。段差はなるべく避けたいので、スロープはないかと周りを見ると、反対側も階段。うわーなんだコレ。
古い所ならともかく、新設した箇所がバリアフリー対応してねえってどういうことよ。ナニ考えてやがんだコレだからJRってヤツは。


仕方なしに階段を上り、外に出てみると見慣れた風景が広がっていた。
右手には甲州街道を挟んで新宿駅南口。そして後方には高島屋タイムズスクエア。なるほどまさにサザンテラスである。
ところでサザンテラスを地図で見ると渋谷区と表示される。あの辺は渋谷区になるのか。ちなみに新宿駅は新宿区である。
左に行けばタイムズスクエアへの橋がある。そこまで歩くか。

ところがいざ橋にさしかかると、ここにも段差があるではないか。おいおいスロープもねえよ。車椅子利用者や足に障害がある人はどうしろと?使えねえなあコレだからJRってヤツは。


橋自体がタイムズスクエアに向かって下ってるじゃねえか何であんな所に段差が必要なんだと愚痴をこぼしつつようやくハンズに到着し、フロア案内を見る。
あらら。スポーツ用品のフロアがないじゃん。
どうしようかな、と思った時に、新南口の傍にベッカムの嫁と同じ名前のスポーツ用品店があることを思い出した。
痛めた足でこんなに歩いて大丈夫かオレと思いながらも新南口へ向かう。

新南口は2Fの高さにあるので、店に入るには地上に降りなければならない。
下りる所はどこだ。
あたりを見回しても、下りられそうな所と言ったら新南口改札の前にある階段のみ。エスカレーターがついているものの、上りのみのようだ。エレベーターもない。
新南口だってその名の通りけっこう最近つくられたものである。もはや呆れるしかない。これだからJRってヤツは。


こうなると選択肢は4つだ。
  (1)キツくても階段で下りる
  (2)高島屋まで戻ってエスカレーターorエレベーターで下りる
  (3)甲州街道へ出て橋にさしかかる地点まで行く
  (4)信号を渡って新宿南口方面へ行く
    (東南口にあるハズのエレベーターorエスカレーターを使う)
甲州街道をでかいスロープ代わりにしようかと迷ったが、どこまで遠回りすることになるか分からないので結局(2)を選択。
相変わらず歩き煙草をしている下郎どもの煙に燻されつつ、這う這うの体で店に行き、サポーターがあるフロアを探す。フィットネス用品と同じフロアにあるらしい。
ハンズにもフィットネス用品と一緒にあるかもしれない。失敗したなと思いつつ、とりあえずフロアへ向かう。

品揃え悪っ。
確かにサポーターは並んでいるが、種類少なくね?しかも膝サポは膝頭部分が覆われていないオープンタイプばかり。全部覆われていなければ無意味なのだよ明智君。
一応クローズタイプも僅かにあったが、バレーなどでよく見るパッドが入ったタイプやチタンか何かが織り込まれた高価なモノだけ。
なんだよ期待してたのにガッカリだベッカム嫁(Victoriaって言えよ・・・)。使えねえなあコレだからJRってヤツは。


肩を落として再びハンズへ。フィットネス用品は3Fらしい。
おおお、コレだよコレ!
私が追い求めてきた正しいサポーター売り場の姿がそこにはあった。壁にずらりと並んだサポーターの数々。黒サポも売っている。嬉々として物色をはじめる。
私の場合、患部は膝だが、例のアヤシイ湿布はふくらはぎのあたりまで覆っている。どう頑張っても膝サポだけでは覆いきれない。少し迷ったが、ふくらはぎのサポと膝サポを両方購入することに決めた。

ところで、当然ながらサポーターにはサイズもある。
膝周り何センチとかそんなの知らねえよと店員を探すべく視線を外した時、黄色く細長い紙が目に入った。どうやらメジャーのようである。
目盛りの数値が小さい方にはハンズのロゴが、反対側には東急ハンズ新宿店の文字と共に「紙製のため、目安として御利用くださいませ」という言葉が印刷されている。
つまり「精度はイマイチだけどとりあえずコレで大体サイズがわかるんじゃね?」というコトだな。そういえばベッカム嫁にはこんな心遣いは見られなかった。さすがハンズだ。ありがたく使わせていただこう。

むくみにも効果があるという黒サポ(ラインサポーターというモノらしい)を見つけ、同じシリーズで膝用のものがないかと探したが、白しか見つからない。
しばらく待ってようやく通りすがった店員を捕まえて(ハンズってフロア要員少なくね?レジ要員減らしてフロア接客要員に回してほしいといつも思うのだが)、確認してもらったところ「商品としては黒もありますが、店に在庫がありませんでした。お取り寄せになりますので2週間ほどかかりますが・・・」と言われてしまった。

むぅ。それならば送料覚悟で通販に頼った方が早いではないか。しかし通販だと到着しても不在で受け取れないことが多い。仕方なく、膝用については備長炭入りという謎のサポを買うことにした。色はグレーでちょっとカッコ悪いが我慢しよう。

そういえばハンズに来たのは久しぶりだ。前回は確か年末じゃなかったか?
ハンズは目的がなくても楽しめるので、ホントはもう少し足繁く通いたいのだが、如何せん営業時間が20:30までである(そういえばベッカム嫁も20:30までだ)。下手に残業すると閉店時間に間に合わないのだ。高島屋なんて今時20:00に閉まるんだぞ?
平日のターゲット客層は仕事帰りのリーマン&OLちゃんではないのか?
片や西武新宿ペペ(西武線の駅ビル)は全館22:00まで営業している。使えねえなあコレだからJRってヤツは。


…と思ったら、いつの間にかルミネは22:00営業になっていたようだ。
ていうか新宿MYCITYはいつの間にルミネエスト(LUMINE EST)なんてモノになっちまったんだ?シティハンターにも背景でちょくちょく登場していたMYCITYを愛用していた私にとっては寂しい限りである。
中の店舗も様変わりしてしまったんだろうか。怪我が治ったらちょっと覗いてみよう。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-22 18:04 | ひぐらし | TOP▲

災厄の日

とことん「ツイテナイ」日というものはあるものだ。

例えば、花粉の飛散量も少なくなった頃に花粉症の薬が切れてしまい、まあ大丈夫だろうと思っていたらやっぱりダメで、くしゃみ連発した日とか。

例えば、怪我した足を庇いながら電車に乗っていたら、ちょうど患部に鞄をぶつけられた日とか。

例えば、電車で目の前に座った人が自分の目的地まで降りてくれなかった日とか。

例えば、電車で斜め前の席が空いて、隣に立っていたおねーさんが、たった一駅のために席に座った日とか。

例えば、仕事を抜け出して病院へ行こうと思っていたら、お客さんが離してくれなかった日とか。

例えば、残業で疲れ果ててよろよろになりながら電車待ちをしていたら、来た電車に巨人のラッピングがされていた日とか。


さらに。
例えば、わざわざ1本見送って乗った電車で、痛めてあまり曲げられない右足を少し投げ出すように座っていたら、通りすがりのおっさんにその足を蹴られた日とか。



……呪われてる?
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-18 22:03 | ひぐらし | TOP▲

雨模様のデーゲームの必需品

最近はドーム球場が増え、雨天中止になるケースが減ったプロ野球。
とはいえ、甲子園を代表とする屋根なし球場も勿論ある。

今日の阪神戦もそうだったが、屋根なし球場でもあまり雨足が強くなければ、中止にせずにそのまま試合を開始・続行するケースも結構ある。
これから季節は梅雨に向かうこともあり、屋根なし球場での野球観戦に雨具を用意する人も多いだろう。

この時に、ぜひ気をつけてもらいたい事がある。

狭い球場で傘を広げようとする人は論外(東京ヤクルトスワローズのファンは別)だが、雨模様の野球中継を観ていると、スタンドの観客はみなカッパを着ている。
ナイターなら構わないが、デーゲームではその「色」にも気をつけて欲しいのだ。


曇天の空は灰がかった白。
大抵のカッパの色は白(半透明含む)。
そこにフライがあがったらどうなるか。

そう、とんでもなく見難いのだ。

だって野球ボールも白だもん。同化してるよ。
とどめにファウルポール際の観客席が白かったら、誤審も増えかねない。
随分前にせっかく黄色く塗ったのにコレじゃあな…。


実はコレ、CATVで中継を観ている時に、解説者が言っていたコト。
(ベンチ裏リポーターも、守備から戻った選手たちが「見難い!」と言っていたと伝えていた)
言われてみれば、確かに画面全体が白い。これじゃ野手は大変だ。
プロの華麗なプレーを楽しみに来たはずの人たちが、実はエラーを誘発している可能性があるということか。

これからデーゲームの観戦に行く人は、黒とか青とか、できれば寒色系の濃い色のカッパを用意してもらいたいものだ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-16 04:00 | すぽると | TOP▲

サ○ライブレードじゃなくて

今日はいつもより4割増し疲れた気がする。

やっぱりこの多忙な時期に、主力選手に休まれると正直痛い。
正当な理由だからこそ快諾したが、これがもしゴルフやカジノ旅行inベガスなんて理由だったらカカトのひとつも落としてやるところだ。

あまりに忙しくて、コーヒーを入れる時間すら取れなかった。
朝からずっとピリピリし通しで、後輩クンに八つ当たりしつつ悪態をつきながらキーボードを力一杯叩いて舌打ちする状態。かなり危険だ。
新人ちゃんの相手が全然できなかったばかりか、見かねた後輩クンに飲み物をおごってもらう始末。センパイ失格である。

しかし、そんなピリピリ状態のままで後輩クンに「今どういう状況か本当に分かってんの?」と説教したお陰で、彼にもチョットは危機感を持たせることができたようだ。
いつもはナメられているからなぁ、これは私的快挙。
これ以上ナメられるようなら、ヤツの椅子にケリの一つも入れてやろうかと思っていたのだが、そこまで行き着かなくて本当に良かった。
これでどうにか来週末の納期に間に合いそうな気がする。


それにしても疲れた。脳ミソと精神のエネルギーが空っぽ。腹減って死にそうだ。
帰宅してから食事を作る気力なんてあるワケがない。
久々にオ○ジンで弁当の大盛りと惣菜数点を購入し、家までの道のりをずるずる歩く。

大通りとの交差点の数メートル手前で、丁度信号が青に変わった。
大通りを優先するためか、この信号はこちらの通りが通行できる時間がやたらと短い。お年寄りでは向こう側にたどり着けないんじゃないかと思うくらいだ。
この位置からでは、走らないと横断中に信号が変わってしまう。

まあいい、構うもんか。
本来は少し左右にずれた箇所にある横断歩道を渡るべきだが、その気力もなくずるずるとそのまま道路を横断。信号が変わっても、堂々とずるずる歩く。

ようやく渡り終えたとき、道路に面するマンションの影に、2人の男が立っているのに気がついてギクリとした。
彼らの傍らには、荷台に白い箱がついた特殊な自転車。そう、警察官だ。


うわヤベェ、イチャモンつけられるかなと思っていると、彼らは私をスルー。ちょうど私の目の前にいた自転車のサラリーマンに声をかけた。

あ、おっちゃん無灯火じゃん。やっちゃったね☆

ひとりの警官は、まるで検問中などに車を誘導する時のように、…ええとアレ何て言ったっけ、サ○ライブレードじゃなくてあの赤く光る棒。誘導棒?…とにかくアレを使って自転車を路肩につけさせていた。
自転車相手にアレをやる姿はかなりカッコ悪い。


それを横目で見やりながら、そういえば数日前のニュースに自転車の取締りを厳しく云々、というのがあったなと思い当たった。

実はこの大通りは、カーブが少ないせいか深夜はスピード違反車が多いため、道路沿いの駐車場でライトを消して息を潜めて様子を伺っている白パトをよく見かける。
(徒歩で偶然そういうのに出くわすとかなりビビる。気配しねえんだもん)
今まで車やバイクしか見えてないんじゃねえかと思えた彼らだが、とうとう自転車も視界に入るようになったようだ。

ま、自転車でも人のひとりくらい轢き殺せるからな。今まで取り締まっていなかったのが不思議なくらいだ。


しかしどうせ取り締まるんだったら、ついでに歩行中や自転車&バイク運転中に煙草吸ってる阿呆どもも取り締まってくれないもんかなあ。
一石二鳥でいいじゃんねー。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-11 00:35 | News | TOP▲

帰りに見かけた子供たち

会社からのかえりみち。
プラットフォームで楽しそうに喋りあう5~6人くらいの子供たちを見かけた。
春から中学生という感じのそのグループは、喧しいほど騒いでいるでもなく、社会的ルールを破るでもなく、邪魔にならない程度の所に集まっているあたり、下手な大人よりもよっぽどマナーが良い。

そうか、子供たちはそろそろ春休みなのか?

社会人になって何年も経つと、もはや春休みがあったことすらうろ覚え。3月末~4月初めくらいだったっけ?よくわかんないや。
そういえば子供の頃『冬休みと春休みと夏休みがあって、なんで秋休みはないんだろう』などとぼんやり考えていたような気がする。今思えばなんて贅沢なことを言っていたのだ私は。

微笑ましくもチョットうらやましく思いつつ、遠くから子供たちを眺める。今のうちに目一杯楽しむんだぞ、などと心の中で思ったり、気分はすっかり孫の成長を目を細めて見守るご隠居である。


混雑した電車に揺られ、地元の駅にようやく着いた時、今度は駅前のロータリーで若い女を見かけた。

後姿だけしか見えなかったが、ヴィトンのバッグを肩にかけ、デニムのミニスカートにブーツを履いた、渋谷あたりにたむろってそうな感じのおねーちゃんである。
それだけなら別に気にも留めなかっただろうが、片手でケータイを操りつつ、もう片方の手で火のついた煙草を持っているのだ。

つまり私はこの煙草の臭いに反応したわけだ。

煙草吸っちゃあケータイ弄ってまあ随分と忙しないねーちゃんだなあそれにしてもコイツ20歳過ぎてるんかいな最近の若い女は見た目じゃ年齢分からんからなあ第一歩き煙草はご遠慮くださいのマークが見


ん?
今目の前というか下の方をナニかが横切ったような。


ふと視線を下に向けると、小さな男の子がちょこちょこと歩いているのが見えた。3歳くらいだろうか。
もう日も暮れているのに保護者はどうした?と辺りを見回すが、それらしい人が見当たらない。これは迷子として届けるべきか、と考えていると、男の子はそのままちょこちょこと歩いて行ってしまう。


その先には――ケータイ煙草ねーちゃん。


ひょ、ひょっとしてアンタがお母さんですかい!?
ケータイに夢中で子供の方ちらりとも見てないけど!


ていうか、ケータイと煙草なんざ放っぽって子供と手を繋がんかい!!


このご時勢にアブねえなあまったく。
そんなに子供に無関心だといつか攫われっちゃーぞ。

あの母親の下で、あの子はどんな育ち方をするんだろう。
子供は親を選べないからなあ。あ~あ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-03-20 21:37 | ひぐらし | TOP▲

行っトイレ、待っトイレ。

今朝、自宅のトイレで水を流そうとした時のこと。
レバーを回したとたん、スコン、と何か抜ける感じがして、その後どんなにレバーを回してもまったく手応えがなくなってしまった。

おかしいなあ、と水タンクを開けてみると、レバーに繋がっている鎖が抜けて、排水する時に開閉する蓋が開かなくなってしまっていたのだ。
仕方がないので、水タンクの中に手を突っ込んで、鎖を繋げ直しましたよ。全くもう朝っぱらから余計な仕事させやがって。


そんなワケで、今日はトイレの話でもしよう。

案外知られていないことだが(私も知らなかった)、日本のトイレ事情は世界のトップレベル。最先端を行っているらしい。
少し前の話になるが、マドンナが12年ぶりに訪日した際、記者会見で『日本の温かいトイレシートが恋しかった』と言ったのは有名な話。
温かい便座というのは、日本以外には殆ど普及していないらしい。

ということは、外国の方々は冷たい便座に我慢して座っているのか。
国によっては便座カバーは普及しているらしいが、現代日本人の感覚からは納得いかない話だろう。


昨年、晩秋~初冬頃になっても、うちの会社のトイレの便座は冷たいままだった。
機能は付いているのだが、電源が入っていない。恐らく省エネ対策なのだろう。
しかしこの時期まで冷たい便座に座るのはかなりツライものがある。しかも制御用のパネルを見ても、使用者が設定変更できないようになっている、という注意書き付き。

いい加減に電源入れるか、せめて便座カバーでもつけてくれないかなと、ある日ダメモトで設定パネルを色々いじっていたところ、なんと電源が入ってしまった。
設定方法を覚えた(味を占めた)私は、誰も見ていないのをイイコトに、他の個室の便座も全部電源を入れておいてあげた。勿論無断で。

まあ黙ってりゃ誰がやったかなんて分からないだろうし、節電云々で問題があるようならどうせまた切られるだろうと踏んでいたのだが、どうやらアレ以来電源は入ったまんま。いいのかなあと思いつつもぬくぬく使用している。
案外誰も設定方法知らなかったりして。他の階のトイレはどうなってるんだろう。


そんな最先端技術を駆使した日本のトイレにあるのが『音姫』。

トイレの使用音を消すための装置だが、これも日本独特の機能だそうだ。
人前で化粧したり、へそや尻やパンツを平気で出したりする今時の若い日本女性にも、こんな所には羞恥心というものが残っているようだ。

が。

最近、トイレ内で携帯電話を使用する人が増えている。しかも通話ですよダンナ。
通話相手に、"ジャー、ゴボゴボ…"なんて音まで聞こえたりしないのだろうか。
『もし聞こえても、自分の音じゃないからいいんだもーん』なんて考えている人は、ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。

相手には、誰が出した音かなんて分かりませんよ?

もし通話中に、トイレ使用中の人が大きな音でも出したとしたら…ねぇ?
通話相手は確実に『あ、コイツ○○○しやがった!』と思うだろう。

ちょっと考え直した方がイイと思うぞ。自分のために、ね。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-03-14 00:32 | こネタ | TOP▲

自己アピールは大事なことだ

f0054449_1641564.jpg私はイス取りゲームがけっこううまい。
子供の頃のレクリエーションの話ではなく、電車に乗っている時の話だ。

朝のラッシュは、けっこう体力を使うものだ。
今の勤務先へ行くには、山手線を半周くらいしなければならないので、座れるのとそうでないのでは大違い。大喰らいなクセにスタミナ不足になりがちという、何とも燃費の悪い体質なのは十分自覚しているので、体力温存を図るべく毎日イス取りゲームに参加している。

今ではもう慣れたもので、乗車時に、座席を狙えそうなポジションに半ば無意識にするりと滑り込んでいる。座っている女性が大体どのあたりで降りるか雰囲気で分かるようにまでなってしまった。(女性限定で6~7割くらいは分かる。男は殆ど分からん)
いっそ座れない日の方が珍しいんじゃないかな。
いつの間にか日だまりを見つけ出して、こっそりぬくぬくしている猫みたいなものだ。


ところで先週、イス取りゲームの勝者となった私の前に、女性が立っていることに気がついた。しかもその女性は、お腹が少しぽっこりしているように見えるのだ。

果たしてこの人は、おかあさんになる人なのか、元々そういう体型の人なのか。

おそらく何となくたぶん前者だろうかなとは思うんだけど。
もし後者だったら、席譲ったりしたらかなりマズイよなあ…。マジギレされそう。
悩んだ挙句、結局譲ることができなかった。

ちなみにコレ、年配の方に対しても似たような事で悩むことがある。あまりお元気そうな方だと却って失礼だよなあとか。
さして混んでない場合なら、乗り換えのフリして席を立ってしまうのだが、激混みの状態では席を立つのも人を押し退けなければならない。

いっそ『た○ごクラブ』でも読んでいてくれれば分かりやすいのになあ、と思っていたところ、厚生労働省がマタニティマークを発表してくれた。
記事冒頭のマークがそれである。


これはイイ!

マークの発表のみで、具体的な使用云々はこれからのようだが、コレを活用しないテはないだろう。
しかし前述の『身障者マーク』の例もある。下手に販売などしてしまうと、中にはまた『おしゃれでつけてまーす』とか言いだすアホが出ないとも限らない。

そこで提案だが、母子手帳の交付時に一緒に配布したらどうだろう。
本当におかあさんにならないと手に入らないものだから。

何にせよ、上手に活用して世間に定着する事を期待している。身障者マークもね。
がんばれ厚労省。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-03-11 16:13 | News | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE