カテゴリ:すぽると( 50 )

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

こんなところでもW杯観戦。

W杯もいよいよ大詰め。

日本チームの他、私の好きなチーム(パラグアイ、アルゼンチン、ブラジル・・・orz)が悉く敗れ、残すはイタリアのみとなってしまった。
がんばれイタリア。


先日、様々な形で日本チームを応援した人々の姿がTVで放送されていた。
W杯のために4年間金をためて現地へ応援に行く人たちや、ひとりで携帯TV(っていうの?)を観て静かに応援するホームレスの男性、スポーツバーなどではなくあえてホストクラブで盛り上がる人たち。
そういや私も日韓W杯の1次リーグ(ドイツチームの試合だった)は献血しながら観戦したっけ。
普段はサッカーに興味のなさそうな人もこの国に不満を持つ人も、本当にいろんな人がいろんな場所で日本代表チームを応援していたんだなあと、今更ながら感慨深く思った。


ところで、そんなホストクラブでの会話である。

ホスト:「(日本代表の中で)誰が好きなの?」

女性客:「え~~?、宮本?」

ホスト:「じゃあオレがおまえの宮本になってやるよ!



――不意を衝かれて、飲みかけの牛乳を噴き出しそうになった。



さっきTVで城咲仁を見かけてふと思い出したこの会話。
なあコレ言われて嬉しいの?マジで?

本当にこんな台詞が飛び交ってるなら、オレ一生ホストクラブなんて行けない。
だってゼッタイ笑い転げる自信あるもん。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-07-03 02:23 | すぽると | TOP▲

W杯にうつつをぬかしていたら

うっかりW杯にばかり注目してしまっていたが、気がつきゃ野球がトンデモナイことになっているではないか。

交流戦に入って大失速したのが巨人。
開幕と同時に素晴らしいスタートダッシュを見せた・・・はず、だよな?
今や4位転落、今日も負けて6連敗だ。その時の姿は見る影もない。
リーグ戦というのは言わば長距離走。スタートで頑張りすぎて息切れしたか?
(小学校の持久走で、目立とうとして無理なスタートダッシュをするヤツが必ずいたっけ)
そして去年と同じくウマイこと調子を上げてきたのはロッテや中日、阪神。
楽天も何気に勝ち星を重ね、気がつけば5位のオリックスと4ゲーム差に迫っている。

そして、巨人の「幻のホームラン」事件を起こした西本審判が、交流戦終了直後にまたもや「誤審」をやらかした。
野球のW杯、WBCで数々の誤審をやらかしたデービッドソンという審判がいたが、こんな短期間に誤審を連発するこの審判も問題だろう。

そんな誤審被害にあった阪神に、リリーフの久保田が骨折するというアクシデント。
しかも試合中や練習中の怪我ではない。家族で外出中、ベビーカーから落ちそうになった娘をかばって怪我したのだとか。
娘さんはどうやら無事のようで何よりだが、あんたが怪我したのが何より痛いよ。
JFKと呼ばれたリリーフ陣も、J(ウィリアムズ)は開幕に間に合わなかったし、今度はKが離脱。がんばれ藤川くん。

W杯も終わったことだし(←まだ終わってねえ)、これからは野球に集中集中。


なお、広島の林投手が、たった1球で敗戦投手になったという珍記録もあったらしいぞ。
この選手はプロ初勝利の試合もたった1球投げただけ。今後も珍記録に期待か?

More...(関連News)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-25 20:00 | すぽると | TOP▲

サッカーというスポーツ

W杯を観ていて、あらためてサッカーというスポーツについて考えた。

サッカーは、他のどのスポーツとも異質なものだ。

サッカーには、道具はいらない。
場所も選ばない。ゴールさえもいらない。
都会っ子だろうが田舎者だろうが、金持ちだろうが貧乏だろうがそんなことは関係ない。
野原だろうが路地裏だろうが、ボールさえあればどこでだってできる。

サッカーには、人数制限がない。
ひとりだってできる。11人どころか、50人くらいでもできる。
サッカーのはじまりは地域の祭りで行われたゲームで、参加人数は1チーム500人だったというくらいだ。
私も小学校の頃、全員参加のクラス対抗戦をやったことがある。1チーム40人の男女混合で交替選手なし、見学者もなし。少年サッカーチームに入っている子も、ルールをよく知らない子もみんな一緒に駆け回った。勝敗は忘れたが、楽しかったな。

サッカーには、年齢制限がない。
ボールを「蹴る」ことができる年齢から始められる。
難しい技術はいらない。身体が小さくたってできる。

サッカーには、スピード感がある。
基本的に試合が止まるのは反則があった時と点が入った時、ハーフタイムのみ。
バレーボールのように陣地が分けられているワケではなく、野球のように攻撃と守備の切り替えがあるワケでもないから気が抜けない。
そういう意味で、野球はスピード感のないスポーツだな。
基本的には1対1、一球ごとの真剣勝負。日本で野球に人気があるのは、その性質が日本人の根底に流れるサムライ気質――武道に通ずるものがあるからかもしれない。


サッカーは、点が入る機会が少ない。
似たようなルールのスポーツと決定的に違うのはココだ。
バスケットボールのように100点も点が入ることはない。90分(+ロスタイム)を戦っても、5点以上入ることは多くないだろう。
だからこそ1点の重みが違う。みな1点を必死で取りに行くし、1点を必死で守る。
ちなみに最多失得点の世界記録はオーストラリア×サモア戦の31-0である。


これだけ人々に親しまれる要素を持ったエキサイティングなスポーツは他に知らない。
しかもプロスポーツとしても世界的にメジャーで、W杯という国際大会まである。
そりゃ坊さんもお勤めしてる場合じゃないし、心臓発作も増えるだろうさ。

余談だが、前回の日韓W杯では「W杯のために仕事辞めました!」とTVで嬉しそうに語っているサポーターがいた。
彼はあれから再就職できたのだろうか。
他人事ながら時々ふと気になってしまうのだ。

More...(関連News)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-25 16:22 | すぽると | TOP▲

【F-1】W杯のウラでこっそりカナダGP。

時差の関係で、毎年日本時間の深夜に行われるカナダ&アメリカGP。
更に今年はW杯とガチンコ。TV局としては視聴率的に旨味のないGPと思われているかもしれないな。
自他共に認めるF1ファンである私も、もし日本戦とF1中継がバッティングしていたら恐らくW杯を観ることにしただろうし。

さて、今年のF1グランプリは好天続き。今週末も天気が良さそうだ。
ここカナダのジル・ヴィルヌーヴサーキットは、今回初めてドライブした新人ドライバーたちも「簡単だった」という程で、テクニカルなサーキットではないだけに、雨でも降ってくれた方がこちらも楽しめるのになあと少々残念に思ったり。

ところで気になるのはルノーの鼻先にちょこんとつけられた4枚の羽根。
あのテのちびパーツ(Wingなのか?)は時折見られるが、果たしてアレでどれほどの効果があるのだろうか。川井ちゃんに詳細解説をお願いしたいものだ。


第1ピリオド終盤、16番手より後方のタイムだったロズベルグが8番手に飛び込むと、不運なことにチームメイトのウェバーが17番手に沈みノックアウトとなってしまった。
最後尾タイムだった琢磨は、ギリギリのところでチームメイトのモンタニーをかわす。
タイム差を見ると、モンタニーはスーパーアグリチームにとっても琢磨のモチベーション維持にとっても悪くない存在のようだ。

第2ピリオド、TOYOTAのラルフがノックアウト(14番手)。HONDA勢はギリギリ通過。
ところでここでノックアウトのヴィルヌーヴ(11番手)は、今週末CDデビューだって?
まがりなりにも父親ジルの名がついたサーキットで、そんな話題ふりまくよりも本職をなんとかしろと思うのは私だけだろうか。


結果、アロンソが5戦連続のPP獲得、フィジケラが2番手と続きフロントローを固めた。
3番手はライコネン、トゥルーリが大健闘の4番手。
フェラーリはシュー兄が5番手、マッサは10番手と振るわなかった。
HONDAはバリーが8番手、バトンは9番手。決して満足して良い結果ではない。

決勝レースでの作戦にもよるのだろうが、またルノーが逃げ切ることにならないだろうか。
前回のGPでシュー兄をブロックし、アロンソをサポートする形になったライコネンがまたもルノーの後ろにいるだけに、少々気になるところではある。

More...(関連News)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-25 14:04 | すぽると | TOP▲

こういう応援の仕方もあるのだ

オイラは阪神ファンですよ。
毎年CATVでかなりの試合数観てますよ。
でもね、決して球場には足を運びませんよ。

数年前。
巨人×阪神戦3連戦のチケットをGETしましたよ。
実はオイラはそれまで阪神戦をナマで観たことがなかったですよ。
その年のその時期、阪神はこの上なく絶好調。オイラは3日連続で定時退社して、嬉々として東京ドームに通いましたよ。

ところが、まさかの3連敗・・・orz
しかもどれもこれも呪われたように終盤逆転負けという地獄を見ましたよ。
これはもしやひょっとしてオイラが球場観戦してるからではなかろうか。
アタシはお城の舞踏会に行っちゃダメなのね、と継母や義姉たちを見送りつつ遠くからお城を眺めるだけの灰かぶりな日々を送ってますよ。

そして更に。
五輪の最中に気づいたけれど、どうやらオイラがブログでアツく応援する選手にもあんまり良くないことが起こりそうでちょっとヤな感じですよ。
(スキー板が長すぎた彼とかね・・・)
だから今回、ブログでW杯の個人応援はガマンですよ。


でもね。
そんなオイラにはどうやらお仲間がいるみたいですよ。
ヤンキースの松井秀喜(ゴジラ松井)が観なければ、日本は勝つらしいですよ。
だから今夜のW杯、日本×ブラジル戦は松井は観ないことにするそうですよ。

なんとも気の毒な松井くん。
んでも、日本勝利のためにちとガマンですよ。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-22 23:08 | すぽると | TOP▲

【F-1】結局は晴天のシルバーストン

ユニオンジャックの逆さてるてる坊主も甲斐なく(ホントは作ってないけど)、晴天のシルバーストンだ。
今年のF1はホント好天に恵まれているな。良くも悪くも。


さてまずは予選の記事のフォローから。

第1ピリオドで1回しかアタックしなかったHONDAのバトン。
実は1回アタックした後にピットに戻ったところ、アトランダムに行われている重量測定に引っかかってしまい、2回目のタイムアタックができなかったそうだ。
ついてねえ・・・と言いたいところだが、ちょっとタイム管理が甘いよHONDAさん。
重量計測に引っ掛かる可能性は誰にでもあるんだから、そこまで想定して時間配分決めてアタックしておかないとさあ。
特に今年、HONDAはこういうマシン性能ドライバテク以前の問題が多い気がする。

第2ピリオド終了後、スチュワードに何かを訴えていたクルサード。
アタックの際に、モントーヤに邪魔をされた、というアクションだったようだ。
しかし調査の結果問題ないとのことで、審査委員会は却下。


レースはスタート直後、OP LAPでラルフがウェバーとクラッシュしリタイア。
いきなりSC導入。スピードはピットに戻るも、そのままリタイア。
スピードがラルフのリアに当たり、ラルフはそのまま横にスライドしてウェバーに当たった模様。ウェバーは完全に貰い事故だな。不運この上ない。
レース後の審議対象。

更に9周目、バトンのマシン後方から炎が上がりスピン、リタイア。
ハイドロ系トラブルか。
昨日の予選といい、母国GPなのに散々な週末だった。

前方ではアロンソが逃げる。
2位のライコネンはタイムが伸びず、3位のシュー兄を抑えてしまっている。
しかし、先に2回目のピット作業を終えたシュー兄がアウトラップで驚異的なタイムを叩き出す。ライコネンのピット作業の間に追い抜いた。
このあたりはさすがシュー兄&フェラーリ。

ピット作業と言えばルノーとフェラーリが際立っているように思うが、どちらもシュー兄が来るまでは普通のチームだったと記憶している。
あの2チームのピットクルーは、シュー兄が育てたと言っても良いだろう。
(・・・なんて書くと反シュー兄派な人に鼻で笑われそうな気もするが)


レースはそのままアロンソが独走して優勝。
シュー兄が2位、ライコネンが3位。
スーパーアグリの2台は久々に2台揃っての完走だ。フランスGPにお目見えする予定の新車が待ち遠しい。




さて、ええと、本音言っていいかな。
レースそのものは、久々に本ッ当に面白くなかった。

だってアロンソぶっちぎりなんだもんよ。
やっぱり2位スタートのライコネンのタイムがレースで伸び悩んだのがねぇ。
シュー兄が2位だったらもうちょっと面白かっただろうに、と思ってしまう。

予選で速くてレースで遅い、というチームは他にもあるが、アレはなんとかならないものだろうか。どうせ速いならいっそのことPP獲ってくれ。


次回は・・・ええとカナダか。リアルタイムで観るのは厳しいかなあ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-12 00:39 | すぽると | TOP▲

【F-1】シルバーストンに輝くシルバーアロー

世の中W杯×2と騒いでいるが、F1界はそんな浮かれた世間とは一線を画して

――いるワケもなく。


F-1界もW杯一色である。
母国カラーの靴を履いてみたり、メットをW杯限定カラーに変えるドライバもいる。
明日の決勝も、現地時間12:00からの繰上げスタートだ。(日本時間は20:00~)
今日はイギリス戦がある。予選終了後から皆W杯モードに切り替わるだろう。


そんな今週末のシルバーストンは好天気。
気温29度、路面温度43度。風強く、時に3~4mほど。

マクラーレンが改良型MP4-21を投入。
スーパーアグリは、山本左近が3rdドライバーとして参戦。
ところで日本人の歴代F1ドライバーは、亜久里だの隆千穂だのと、何故か一風変わった名前がやたらと目立つ。特に片山右京と山本左近あたりは時代小説にでも出てきそうだ。(日本史のテスト直前に「高山右近と片山右京って似てるよね」と発言し、F1を知らない友人を混乱させたのももはや懐かしい思い出だ)
右京はお祖父さんが左京さん。左近の身内には右近さんがいるのだろうか。


それはさておき予選である。
直前のフリー走行でそれぞれマシンがクラッシュした琢磨とモンタニー。
琢磨は左近が乗っていた3rdカー(スペアカー)を使用。
結果的にエンジン交換も行ったことになり、決勝では最後尾スタートとなる。


第1ピリオド。
風のせいでマシンコントロールが難しそうだ。

序盤、ピット前でトゥルーリのマシンから白煙。
どうやらピットに戻ってきたその時に発生した模様。エンジントラブルだ。
結局、そのままタイムアタックできずにセッション終了。

更に、母国GPのバトンが第1ピリオドで脱落。何故か1回しかアタックしていない。
相棒のバリチェロも15番手とタイムが伸びない。HONDAに何があったのだろう?
そしてウェバーまでもここで脱落。

風か?風なのか?
それともW杯が気になって・・・とか?いやそんなまさか。


第2ピリオド。
終了間際にタイムを出したラルフが辛うじて10番手に食い込む。
前回3位、母国GPのクルサード、ロズベルグが脱落。
ピリオド終了後、クルサードが何か訴えていた。トラブルがあった模様だが、現在のところどの記事でも触れられておらず、詳細は不明である。


第3ピリオド。
セッション終了間際、めまぐるしく順位が変わる。
シュー兄がトップタイムを叩き出す。しかしその直後にアロンソがそれを塗り替え、ライコネンがなんと2位に飛び込んできた。

結果、アロンソが4戦連続のPP。続いてライコネン、シューマッサ、フィジケラの順。

PPはもはやどうでもいい。
久々に、シルバーアローがフロントローに帰ってきたのだ。
今回こそは、上位での完走を期待している。

そしてやはり気になるのは、English weatherと呼ばれる天候。
雨のレースが好きなので、明日はちょっとくらい天候が崩れてくれるととても嬉しい。
明日のために、ユニオンジャックで逆さてるてる坊主を作ってみようかな。



余談だが、ヴィルヌーヴのマシンは、リアに「JUST MARRIED」の文字があるらしい。(by川井ちゃん情報)新婚さんなので。
ちょっと視認できなかったな。残念。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-11 02:37 | すぽると | TOP▲

三宅さんがいいのにー


フジテレビが、PRIDEの放送を中止するという突然の発表。



え、ちょっと待てミルコは!?

オイラが2番目に好きな格闘家ミルコの試合はどこでやるの!?
(ちなみに1番はホースト)
隣の局か?


フジ系列の実況陣でないと格闘技を観た気になれない私はどうすれば・・・orz
他局だとイマイチ盛り上がらないんだよ個人的にさあ。

実況は三宅さんじゃなきゃイヤっ。
塩原さんと長坂さんもいてくれなきゃイヤっ。



・・・なんてちょっと可愛いめ(当社比)に駄々こねてみても駄目だよねえ。

まったく何してくれちゃったんだろうねえイベント会社は。
あーあ。がっかりだよ全く。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-06 01:26 | すぽると | TOP▲

日本人=ダイブ?

来週の金曜日から、とうとうドイツW杯が始まりますよ。
う~ん長かったような短かったような。

開催国ドイツとの親善試合では2-2の引き分けというまずまずの好結果だったので大いに期待しているのだが、その代償として怪我人が続出というニュースが気になるところではある。
親善試合で善戦しても、本番がグダグダだったら目も当てられないぞ。
まあ本番直前に格下チーム相手に苦戦したドイツほどヤバい状態ではないと思うが・・・。


ところで、ベートーヴェン生誕の地であり、今回日本代表チームのキャンプ地でもあるボンでは、市長が日本チームを歓迎するコメントをしているのだが、その会見中にこんなやりとりがあった。
日本人サポーターが勝利の興奮から川に飛び込む危険性を聞かれると
「ライン川は流れが速く、死の危険もある。決して飛び込まないで」
と注意を呼び掛けた。


・・・日本人はそんなに「川に飛び込む」イメージがあるのだろうか。
やっているのは阪神タイガース優勝時の道頓堀ダイブくらいのハズだが。

しかし道頓堀ならまだしも、ライン川はデカすぎる。
いくら興奮していたとしても、勢いで飛び込めるサイズじゃないだろう。

市長さんご安心ください。
仮に飛び込むにしても、せいぜい公園の噴水か、ホテルのプールあたりが関の山です。

More...(元News全文)
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-02 00:50 | すぽると | TOP▲

【F-1】モナコでも迫り来る赤いマシン

後味の悪い予選となってしまった今年のモナコ。
決勝で良いレースをして、嫌なムードを一掃してもらいたいものだ。


さて、案の定FIAから処罰を受けたシュー兄はピットスタートを選択。
またクルサードを妨害したとして審議対象となっていたフィジケラは、第3ピリオドの最速3LAPのタイム抹消となり、9番手グリッドからのスタートとなった。

スタート間もなく、ライコネンがウェバーをかわして2位浮上。TOPのアロンソのすぐ背後から前を伺う。
シュー兄は1周目でマッサ、モンタニーと琢磨をパス。その後も着々と順位を上げ、16位まで上がったところで、バトンの後ろで足踏み状態。
5位のバリチェロもTOP4台から2秒落ちのLAP Timeで、後続のマシンをせき止めてしまっている。
相変わらずHONDAはレースペースが遅い。予選でそこそこのグリッドを獲得してもコレでは如何ともしがたい。
残念だが今年のHONDAには期待できそうにないな。来年以降のマシンでの改良を期待することにしよう。


レース中盤、3位走行中のウェバーにハイドロ系トラブル発生。
ピットレーンサイドでSTOP、出火している。SC導入。
悔しそうにステアリングを叩きつけるウェバー。
直後に琢磨もスローダウンしてリタイア。

更に2位のライコネンもエンジンブローし出火。リタイアだ。
モンテカルロは元々冷却系が厳しいサーキットだが、SC導入により負担が大きくなったのだろう。
中盤からはアロンソの方が厳しい状態だっただけに、今回こそマクラーレンがやってくれると思っていたのになあ。残念でならない。
ライコネンこそステアリングを叩きつけるくらいに悔しいだろうと思うが、彼はまず先にコースマーシャルに消火させてから、エスケープゾーンにマシンを止めるという極めて冷静な対処。オトナだ。

しかしこれでアロンソが楽になってしまった。2位はモントーヤだが、周回遅れのマシンを何台も挟んでいる。ここからの追い上げは厳しい。
SCアウト後、最終コーナーでロズベルグがクラッシュ。クリエンもストップ。
気がつけばシュー兄はLAP遅れながら6位。
しかもアロンソがプッシュしていないため、同一LAPに復帰できる可能性も。


終盤、バリチェロがピットレーンでのスピード違反によるドライブスルーペナルティ。
5番手まで落とす。
クルージングしているアロンソが、シュー兄とフィジケラを前に促す。共に同一LAPに復帰、前のバリチェロを追う。

そしてなんと3番手のトゥルーリまでもスローダウンしストップ。黄旗。
残念ながらリタイアに終わったが、TOYOTAのBスペックは性能的には良さそうである。あとは信頼性だな。今後のレースは要注目だ。
RBRクルサードが3位に上がった。

同一周回に復帰し、またたく間にシュー兄とバリチェロの差が詰まってきた。
シュー兄がここでファステスト。返す返すもあの予選が悔やまれる。
みるみるうちに背後に迫り来る赤いマシン。15秒差はあったハズだが、10周ほどでもう1秒以内に追い詰めている。怖いくらいの猛追である。腐ってもシューマッハだ。


レースはそのままアロンソが優勝。
やはりライコネンとウェバーがリタイアしてしまったのが大きかった。2台リタイア後は、国際映像もクルージングしているアロンソを映しても面白くないと言わんばかりに後続のバトルばかり映していた。
2位がモントーヤ、3位はクルサード。
4位はなんとかバリチェロが死守。シュー兄は5位フィニッシュ。
ちなみに今回、RBRはスーパーマンとのタイアップを行っていたようで、表彰台に上がったクルサードはスーパーマンのマントを羽織っていた。
しかしミシュランCEOの訃報により、シャンパンファイトは自粛。


個人的に見て、今回のモナコは例年以上に面白かったと思う。
今のところ情報がないので正確なところは不明だが、あのモナコで最後尾スタートから5位フィニッシュというのは、記録的とも言うべき快挙ではないだろうか。
何度も言うが、本当にあの予選はもったいなかった。残念でならない。

まあ終わったことは仕方ない。次だ次。
次回はイギリス、シルバーストーン。
雨が降るとまた面白いのだがなあ。天の神様に期待しよう。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-29 00:25 | すぽると | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE