カテゴリ:ひぐらし( 31 )

ざぶとん一枚。→

  | TOP▲

悲しいとき~~~。

悲しいとき~~~。

髪形変えたのに、だーれもツッコんでくれなかった時~~~。

確かに長さは変わってねえけどさ・・・。




悲しいとき~~~。

「元上司と飲んでるよ~。来れる?」

というメールを、帰宅してから読んだとき~~~。

しかもこの元上司がかなりのオットコ前・・・。




ふーんだ。いいんだもん。負けないもん。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-27 00:19 | ひぐらし | TOP▲

選ぶのに苦労したんだぞ

週末、久々に実家へ帰ることにした。
GWも母の日も帰らなかったので、実に半年ぶりである。
金曜日に着替えを持って出社し、帰りはそのまま実家へと向かう。


いつもと違う路線の電車の中、ケータイで乗り換え確認しながら、まあ大体21時過ぎには着くだろうと予想し、帰宅時間を実家へメール連絡しようと――。

そこではたと気がついた。
日曜日は「父の日」じゃないか。


母には、遅ればせながら母の日のプレゼントを用意してある。
しかし父へのプレゼントは何もない。さすがに拗ねるだろうか。
あのヒトいったん拗ねると静かにいつまでも拗ねてるし、折角だから何かプレゼントしてやるか、と思い、駅ナカの店を覗いてみることにした。

さて何をプレゼントしよう?
去年病気を患ったウチの父は、今はもう会社勤めをしていない。
ネクタイやらはまさに無用の長物なので、ポロシャツやTシャツがいいだろう。
そう思い、駅ナカのカジュアルショップへ向かう。



品揃え悪っ。つか規模小さっ!
「父の日フェア」なんてPOPがあってこの程度かい。

父の日目前だぞ?なんでこんなに品揃えが悪いのだ。
駅ナカなんて、通りすがりの通勤通学客をイベントで釣ってナンボだろうが。
ビジネスマン向けのショップも特にフェアをやってるわけでもないようで、私が見た時は30代前後の男性客数人が、明らかに自分用と思えるモノを物色しているだけだった。

プレゼントを用意する人は、事前にちゃんとした店で買っているのかもしれないが、この扱いの小ささはソレだけが原因じゃないと思う。
近くの店では、父の日そっちのけでW杯グッズが大々的に売り出されているのだ。

そもそも「父の日」自体がどことなく印象薄いし、なんだか世の中のおとうさんたちが気の毒になってきた。

とりあえず、いくらなんでもこんなショボい品揃えから選ぶのは酷だ。
プレゼントは土曜日に買いに行こう。そう思った私はプレゼントを買うのを諦め、なんとなく寂しい気持ちになりつつ実家へと向かったのだった。



ちなみに土曜日に購入してプレゼントした服は、父が今まで着たことのないようなモノ。ちょっと?若作りっぽいかもしれない。
いつも同じ格好だからイメチェンしてもらおうと、かなり悩みながら選んだのだが、ウチの父は元々気難しいヒトだ。服装にもヘンなこだわりを持っているらしく、多分ほとんど着てもらえないだろう。
んでも折角だから1回くらいは着てほしいなあ。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-19 00:57 | ひぐらし | TOP▲

異句同音な罠

先日、トラックバックをいただいた。
その記事の内容は、女子に人気のC○ACHに関するモノである。

関連TBは時々貰うし、ロクにこちらの記事も読まずにキーワードで引っ掛かった記事に対してTBする輩は珍しくない。
イカガワシイものに至っては、無差別にTBを打ってくる。ウザい。

しかしTBされた記事は、引退後のプロ野球選手に関するものだ。
最新記事でもなければ、どこかにTBってるワケでもない。閲覧数も多くないだろう。


なんで脈絡もなくC○ACH?
そう思ってTBされた記事を読み返してみる。
・・・冷静な判断と的確な意見が言える選手は、もちろん監督やコーチなどにもなれるだろうが、・・・


コレか!!
コレなのか!!


ああ確かに書いてるよ俺。
しかし 意味が違う。

だがコレに引っかかってくるということは。



コーチ!あたしもう立てません!!」

「ばかやろう!そんなんで○○の星になれるか!!
 ・・・オマエならきっとやれると俺は信じてるんだ・・・」

コーチ・・・」




などという小芝居を書いたら、やっぱり引っ掛かってくれちゃったりするのだろうか?


ちなみに「異句同音」というのは正しい四字熟語ではないので念のため。
学校のテストで書いたらバツくらいますぜ。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-11 23:48 | ひぐらし | TOP▲

過去からのPay back

関東も梅雨に入り、ここ数日は暑いんだか寒いんだかよく分からない。
とりあえず必要に応じて、少しずつ夏服を引っ張り出して着ている。

夏服を着つつも、長袖の服も手放せないこの時期がいちばん苦手だ。服装の調節にビミョーに失敗しているのか、少し喉がおかしかったり頭痛がしたりする日が多いのだ。
そういえば、昨日も帰宅後に熱を測ったら36.8℃だった。
ウワサによると、医学的に言う「微熱」は平熱が何度であろうと37℃台らしいが、平熱35.8℃の私にとってはナカナカに具合が悪くなるビネツっぷりだ。
ちなみに今も36.8℃ある。少しくらくらしている。


ともかく、部屋着も少しずつ夏服に切り替えている今日このごろ。
ある日、1年ぶりに引っ張り出したハーフパンツ。
身に着けて、ふと何気なくポケットに手を入れると、指先が固いものに触れた。
なんだろうと取り出してみると、100円玉だった。

去年のシーズンの終わり、ちゃんと洗ってからしまっておいたハズ。
ということは、気づかずに洗ってそのまま畳んでしまったのか。
己のマヌケさ加減に笑ってしまったが、なんだか1年前の自分からお駄賃をもらった気分。ありがたく使わせていただこう。



数日後、今は使っていないカード入れから、一枚のカードが出てきた。
コンビニなどで使用できるプリペイドカード、QUOカードというヤツだ。

原色の派手なデザインで、キャラクターのようなものと共に「ANNIVERSARY」という文字がある、お世辞にもセンスがあるとは言えない幼稚なデザイン。よく見れば、自社の名前も入っている。

あ、そうか。コレだいぶ前に会社で貰ったヤツだ。
デザインの悪さから自分の財布にしのばせておく気にもなれず、こんなモン配るよりも給料やボーナスに還元しやがれと思ったきり、放っておいたものだ。

イイ年こいた社会人として、コレをレジで出すのは些か抵抗がある。
動物や風景写真などの方が――いっそ自社のロゴのみの方がよっぽどマシだ。まさかコレ、デザイン料とか払ってねえだろうな。


不平不満は多々あれど、たとえ500円でも金券は金券である。
残しておいても仕方ないので、とっとと使ってしまおう。
財布にこっそりしのばせて、会社帰りのコンビニで思い切って出してみた。

「残り度数は47XX円です」

レジの姉ちゃんが読み上げた金額に、思いきり怪訝な顔をしてしまった。
確かにレジの表示には同じ数字が並んでいる。故障してるんじゃなかろうか。
首を傾げつつカードを受け取り、しげしげと見つめた。


あ。ゼロが1個多い。
これ 5000円券 じゃん!

あのケチな会社から配られたカード、という事からくる先入観にすっかり騙されていた。原色の派手なデザインに誤魔化された感もある。
5000円を眠らせておいたのか私は。



過去の自分から、5100円もの思いがけないPay back。
安月給の身に5000円の臨時収入は嬉しい。うれしいんだけれど。

・・・いっそ黒マジックで塗りつぶしてやろうかと思案中である。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-10 20:44 | ひぐらし | TOP▲

やっちまった日の話

木曜の夜、体調悪ィなあと思って早めに寝たのだが、翌朝起きてみたらやっぱり体調悪かった。

微熱は下がりも上がりもせず。
それくらいならまぁ別に構わないのだが、なぜか頭がふらふらする。
頭痛もする。

寝不足・・・じゃねえよな。昨日ちゃんと寝たもんな。
食あたり・・・でもないか。別に腹はなんともないし。
風邪か。風邪だなたぶん。

あああダメだ。このふらふら具合はまずい。
会社まで、いや駅までもたどり着けるかどうか。
休もう。みんなには悪いけど休ませてもらおう。

そうと決めたら、とりあえず何か口に入れて薬を飲んでとっとと寝よう。
会社に連絡入れるため、始業15分前にアラームが鳴るようにケータイをセット。
んではおやすみなさい。



・・・なんか遠くでケータイが鳴っている。
ああそうだ、会社に連絡入れなアカンのだな。

そう思ってもぞもぞと枕元のケータイを開く。


10時15分。


・・・へ?


うわわわわ、まずいまずい!
なんでぇ?アラーム鳴らなかったの!?
うわサブリーダーからメールも来てる。

ちょっとプチパニック。

慌てて会社に連絡すると、電話口のサブリーダーは「ブログ見たから多分そうかなと思ってた」という優しい言葉。
ああ良かった昨夜ブログに書いといて。

そう思った直後
「いやあ時間になってもKeiさん来ねーし、SとTはどっか行っちゃうし・・・。
 仕方ないからオレが仕事代行してるんだよねぇ」
あっはっは、と乾いた笑い。
(ひょっとして呆れてる?)

うわあごめんなさいごめんなさい×∞

とにかく誤り倒して電話を切った。



体調不良に加え、かなりの精神的ダメージが・・・orz


なんで鳴らなかったの!?と涙目でケータイをにらみつける。
設定間違ったかなあとアラームの確認をしたが、ちゃんとセットされている。
どうやら気づかずに爆睡していたようだ。ごめんキミのせいじゃなかったんだね。

自業自得だが、それから1時間は目がさえて眠れなかった。
寝たら寝たで仕事関係の嫌な夢を見るし。もう最悪だ。



結局ふらふらが治ったのは、土曜日の夕方だった。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-27 23:52 | ひぐらし | TOP▲

モコちゃん

ぼんやりとTVを眺めていると、速水もこみちがCMに出ていた。
なにしろぼんやりしていたので、何のCMだったかは覚えていない。

彼のことは嫌いではないけれど、トクベツ好きでもなくて。
でもなにしろぼんやりしていたので、ついうっかり呟いた。


「あ、モコちゃんだ」



そこではたと我に返る。

「モコちゃん」てナンダ私。
いつからそんなフレンドリーな仲(?)に。

ぼんやりしているというのは空恐ろしい。
いつか公共の場でトンデモナイことを口走ってしまいそう。



こわいこわい、と頭を振ったときに、ふと「モコちゃん」という言葉の響きに覚えがあることに気がついた。


そっか。白まんじゅうだ。

アレも「モコちゃん」だ。
記憶の羽根を捜して旅する姫が、確かそんな呼び方をしていた。



白まんじゅうも速水クンも、おんなじ「モコちゃん」。

なんだか微笑ましくも可愛らしい感じ。ふふ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-25 23:04 | ひぐらし | TOP▲

報復措置?

日曜の夜、もうじき日付が変わろうかという時間帯。


――あ、母親にメール打つの忘れてた。


ご存知の通り、日曜日は母の日だった。
うわヤバイ、と慌ててメールを送信。
題名:ギリギリセーフ
お母さん、いつもありがとうございます。
なんとか当日に間に合った~。

送信してから気づく。
そういえばこの人、真夜中過ぎに自分宛にメールが来た時に「こんな時間に非常識な!」と怒ってなかったか・・・?
それにあの人たち夜早いから、ひょっとしてもう寝てたかもしれない。

うわあ、更にヤベェ。機嫌損ねたかも。
でも電話なんて更にできないしなぁ、ととりあえず放っとくことに。



そして今朝。
いつものように、枕元のケータイがけたたましく鳴り響いた。


ウルセーなあもぅ~~~。
・・・あれ?
いつもの目覚まし(アラーム)じゃない。曲が違う。

おかしいなあ、と寝惚けた頭で考えながらケータイを開くと、「メール受信」の文字。
惰性でメールを開くと、母からのメール。
おはようo(^-^)o昨夜はありがとう (長いので後略)


着信時間、5:44。

こ、こんな時間にメール出してんじゃねえよ母・・・orz


その体勢のまま力尽き、二度寝を決め込んだその直後。
再びケータイがメール着信を知らせる。


う・・・うるせぇ礼央(着うたがRAG FAIRなので)

再びケータイを睨みつけ、メールを開くとまたもや母。
言い忘れてたんだけど・・・(長いので以下略)


着信時間、5:49。


スヌーズ機能つきかよこのメール・・・orz


まったく年寄りは朝が早いからと文句をたれつつ、コレはひょっとして昨夜のメールの報復なんじゃねえかと思うのは私だけだろうか。


いやあやっぱり電話だろうとメールだろうと、相手のライフサイクルにあった時間でないと迷惑になるもんだね。
(そういや以前深夜3時すぎに迷惑メールに叩き起こされてマジ殺意を覚えたっけ)
今度から気をつけようっと。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-16 00:59 | ひぐらし | TOP▲

昨日見た夢 ―M―

私はよく夢を見る。
願望とか妄想の類ではなく、寝ているときに見る方の「夢」。
(いや妄想も嫌いじゃないんだけど)

夢は基本的にカラー。音も聞こえるし手触りもわかるくらいにリアルだ。
時代考証はめちゃくちゃで、場所もまちまち。たぶん行ったことがないだろう場所が、夢の中で何度も出てくることもある。
もちろん、ストーリーなんてあってないようなものだし、アリエナイ状況から更にアリエナイ展開を見せることもあってなかなかに面白い。

夢に出てくる人たちは、たいてい見知った人たちだ。
家族だったり、毎日のように顔を合わせている同じ職場の人たちだったり、よくTVで見かける芸能人だったり。
中には、小学校の同級生だったり昔のバイト先の店長だったり昔の恋人だったり、普段は記憶の片隅に追いやられているハズなのに、なんで今更何の脈絡もなくこの人が?と首を傾げたくなるほど懐かしい人たちが出てくることもある。
そして、ごく稀にではあるが、まったく知らないはずの人が気の置けない友人などとして登場することもある。
中学時代の友人と会社の上司など、お互い知らないはずの人たちが当然のように仲良く談笑していたりするから、寝起き直後は本気で混乱することもあるくらいだ。



昨日、夢を見た。

見知らぬ街――再開発されたばかりのような、妙に小綺麗でさっぱりとした、どこかよそよそしささえ感じる――の小さなスーパーに立ち寄る私。
バイトの女の子と立ち話をしていて、店長が手土産をくれたりしている。
どうやら私は、以前ここでバイトをしていたという設定らしい。

その時、店に入ってくる男性がひとり。この店の店員のようだ。

誰だっけこの人。
ああそうだ、最近オツキアイを始めた私の恋人じゃないか。
ええとこの人の名前なんだっけ。なぜだろう、思い出せない。

ああそうだ、この人はMさんだ。
でもMさんも私もやたらと素っ気ない。私はMさんにどういう風に接していたっけ。

店を出てしばらくして、私はMさんに指輪をあげる約束をしていたことを思い出す。
ポケットの中を探ると、小さなくまのマスコットと一緒にシルバーの指輪が出てきた。
何気なく、くまと指輪を片手に持ち、上下にぶん、と振ると、なぜか指輪がもうひとつ増えた。
うわ何だこりゃ、と思って増えた指輪をよく見ると、純度が落ちているではないか。
指輪の内側にシルバーの純度が刻印されていて、その数値が下がったのだ。

びっくりしてとっさにまたくまと指輪を振ってしまった。
コロン、ともうひとつ出てくる指輪。
更にシルバーの純度が落ちている。33%ずつのものが3つできてしまった。
ああコレがいわゆる等価交換ってヤツ?などと暢気なことを言っている場合ではない。元に戻らないじゃないかコレ。しかも純度が落ちただけあって輝きも鈍ってしまった。
うわあどうしよう。

これではとてもMさんにはあげられない。新しいのを買おう。
そう思って、人もまばらで妙に白んだ感じのする街中を駆けずり回り、近くの店に片っ端から入ってみる。
しかしあるのはブティックや雑貨屋さんばかり。どこも新しくて綺麗な店ばかりだが、肝心のアクセサリーショップがない。仕方なくそれぞれの店で少しずつ置いているアクセサリーを眺めてみるが、指輪がない。うわあどうしよう。
どうしようどうしよう。


――と焦っているところで目が覚めた。



ところで、Mって誰やねん。

顔は見覚えがあった・・・というか、過去に知り合った人たちの中で同系統の顔をした人が何人かいた。
少しクールっぽい感じのする細面で、どっちかってーとややイイ男に入るかなぁ?という顔。だが知り合いの中の誰とも違う。ぶっちゃけアレは見た目も醸し出す雰囲気も私の好みではない。いっそ苦手な部類に入るタイプだ。
第一、そもそも私にはMなんて名前の知り合いはいない。

Mよ、オマエは誰だ。




コレ、夢診断とかやったら深層心理がどーのと言われそうでイヤだなあ。
夢の中に架空の恋人とやらが登場している時点ででかなりイタダケナイ感じがする。
別にカレシ欲すぃーとか思った覚えもないんだけどなあ・・・。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-05-09 01:23 | ひぐらし | TOP▲

よろず屋

私が所属する部署は、通称「よろず屋」。
客からの質問も勿論あるが、それより別部署からの質問の方が容赦なく面倒である。
とりあえずココに聞けば何か分かるだろう的な質問が舞い込んでくるからだ。

「このプログラムが動かない」という質問はまだ良い。
中には「このマシンでアレは動くのか」だの、「この問題について開発側に質問して」だの、挙句「UNIXでコレを調べるコマンドって何だっけ?」。
わざわざ内線で聞くなそんなコト。
たまにゃ自分で調べろと言いたくならないでもないが、まあ仕事だからしょうがない。

そんな「よろず屋」のメンバーがやってはいけないこと。
それは、安請け合いと、いつまでも社に残っていることである。


○パターン1。
先日、久々に外出した時のこと。
既に業務終了時刻は過ぎていたが、雑務があったことと、大荷物を抱えて帰宅する気になれなかったこともあり、一旦社に戻ることにした。
帰社してメールチェックをし、まだ残っていた新人ちゃんに1つ2つアドバイスした後、さて営業にメール出してから帰ろうかと思ったその時。

「Keiさんスミマセンちょっといいですか?」

うわ。
来ちゃったよ。別グループのYくんがお呼びだ。
「いいですか?」ってまさか「よくない!」とも言えないでしょ。
彼も悪いヤツではないんだが、微妙に話が要領を得ないからなあ。話を聞くより状況を見たほうが早い。
どれどれ、ああなんだ後ろでエラー出てるじゃん。――うわ、これウチの設定ミスだ。ごめんYくんすぐ直すよ。

設定を直して正常に動くことを見せてあげると「わ、すげぇ直った!」と喜んでいる。こういう時の気分は悪くないもんだ。
無事に直ったことだし、じゃあ私はこれで、とその場を去ろうとすると、Yくんが更に引き止めて言う。「あの、こういうトラブル時の対処方法なんですけど・・・」

Yくん、キミは本当にいいヤツだ。誰かさんに見習ってほしいくらい勉強熱心だし。
でもね、オイラそろそろ帰りたいんですけど。ほら今日ちょっと歩き過ぎて右膝腫れてきてるしさあ。そのへんは察して――くれないんだね。わかったよ・・・orz


○パターン2。
金曜日、就業時間中にHさんから「この件について開発側に質問しておいて」といきなり言われた。
一瞬ぽかんとする私。
いや確かにそのバグを最初に見つけたのは私だが、その後は一切ノータッチだ。なんで私が質問せなアカンのだ。
しかし私は所詮内弁慶。さすがに「オマエがやれや」とは言えず、しぶしぶながら承諾した。

ところがこの時、幸か不幸か開発側で鯖オチ発生。
質問ができない状態のため、また来週にという事で落ち着いた。
その間に、件の問題に関わった人を調べてみると、最終的に大御所Aさんの名前が。Hさんから見れば雲の上の人物――とまでは言わないが、まさかAさんに頼みごとはできなかったのだろう。
気持ちは分かるが何故私に。自分でやった方が早くないかHさん?
ちょっとだけ「オー人事」に電話したくなった。
でもそこまではいいのだ。良くないけどまあいつもの事だからな。

業務終了時刻から1時間ほど過ぎた頃、今日は週末――しかも世間はGW突入という事もあり、皆早々に帰宅し始めている。私もさっさと帰ろう、と報告書をまとめていた。
するとそこに、Hさんから声がかかった。

「Keiさん、開発側の鯖が復旧したそうなので」

それだけ言うと去ってしまうHさん。

復旧したからどうしろと?
というイジワルな気持ちが浮かばないでもなかったが、まあわざわざ言いに来たってコトは今からやれってコトなんだろうなあ。
報告書なんて月曜日に回せばよかった。あああ今日も残業か・・・orz



最近はウチの偉い人たちが不在がちなせいか、ますます私のような雑魚にもこのテの残業が回ってくるようになった気がする。

明日は早く帰るぞ。明日こそ。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-30 21:53 | ひぐらし | TOP▲

これだからJRってヤツは・・・

アヤシイ湿布薬のせいで、膝に紫外線を当てられないカラダになっている今日このごろ。
毎日黒パンでも履いてりゃイイのだろうが、そういうワケにもいかない。これから暑くなるしできればスカートも履きたい。
黒いサポーターでもあればイイのだが、薬局には白orベージュしかない。こんなアヤシイ薬を売りつけるんだったら黒サポも売っとけよ。


そうだ、ハンズに行こう。


ハンズだったらいろんな物が売ってるし、黒いサポーターも売ってるだろう。
新宿の高島屋タイムズスクエアにあるハンズは、新南口が一番近い。
山手線だと、外回りでは最後尾車両、内回りでは先頭車両が近いので、とりあえず端っこの車両に乗って新宿へ行く。

ホームに降り立つと、目の前に新南口への上り階段があった。しかし、エレベーターやエスカレーターがない。エスカレーターを使うには、更に遥か前方まで歩かなければならないようだ。階段から見ると、100Mくらいはありそうな距離である。
歩くのも大変な人に対して、ここから更に歩けと言うのか?
使えねえなあ。これだからJRってヤツは・・・。


そのエスカレーターに乗ると、いつの間にやら新設されたらしいサザンなんとかという改札口の目の前に出た。新南口の改札口に出るには、また更に歩かなければならないようだ。
サザンテラス口って何処に出るんだ?と思い、とりあえず外に出てみる。

改札を抜けると、左手に5段程度の階段がある。段差はなるべく避けたいので、スロープはないかと周りを見ると、反対側も階段。うわーなんだコレ。
古い所ならともかく、新設した箇所がバリアフリー対応してねえってどういうことよ。ナニ考えてやがんだコレだからJRってヤツは。


仕方なしに階段を上り、外に出てみると見慣れた風景が広がっていた。
右手には甲州街道を挟んで新宿駅南口。そして後方には高島屋タイムズスクエア。なるほどまさにサザンテラスである。
ところでサザンテラスを地図で見ると渋谷区と表示される。あの辺は渋谷区になるのか。ちなみに新宿駅は新宿区である。
左に行けばタイムズスクエアへの橋がある。そこまで歩くか。

ところがいざ橋にさしかかると、ここにも段差があるではないか。おいおいスロープもねえよ。車椅子利用者や足に障害がある人はどうしろと?使えねえなあコレだからJRってヤツは。


橋自体がタイムズスクエアに向かって下ってるじゃねえか何であんな所に段差が必要なんだと愚痴をこぼしつつようやくハンズに到着し、フロア案内を見る。
あらら。スポーツ用品のフロアがないじゃん。
どうしようかな、と思った時に、新南口の傍にベッカムの嫁と同じ名前のスポーツ用品店があることを思い出した。
痛めた足でこんなに歩いて大丈夫かオレと思いながらも新南口へ向かう。

新南口は2Fの高さにあるので、店に入るには地上に降りなければならない。
下りる所はどこだ。
あたりを見回しても、下りられそうな所と言ったら新南口改札の前にある階段のみ。エスカレーターがついているものの、上りのみのようだ。エレベーターもない。
新南口だってその名の通りけっこう最近つくられたものである。もはや呆れるしかない。これだからJRってヤツは。


こうなると選択肢は4つだ。
  (1)キツくても階段で下りる
  (2)高島屋まで戻ってエスカレーターorエレベーターで下りる
  (3)甲州街道へ出て橋にさしかかる地点まで行く
  (4)信号を渡って新宿南口方面へ行く
    (東南口にあるハズのエレベーターorエスカレーターを使う)
甲州街道をでかいスロープ代わりにしようかと迷ったが、どこまで遠回りすることになるか分からないので結局(2)を選択。
相変わらず歩き煙草をしている下郎どもの煙に燻されつつ、這う這うの体で店に行き、サポーターがあるフロアを探す。フィットネス用品と同じフロアにあるらしい。
ハンズにもフィットネス用品と一緒にあるかもしれない。失敗したなと思いつつ、とりあえずフロアへ向かう。

品揃え悪っ。
確かにサポーターは並んでいるが、種類少なくね?しかも膝サポは膝頭部分が覆われていないオープンタイプばかり。全部覆われていなければ無意味なのだよ明智君。
一応クローズタイプも僅かにあったが、バレーなどでよく見るパッドが入ったタイプやチタンか何かが織り込まれた高価なモノだけ。
なんだよ期待してたのにガッカリだベッカム嫁(Victoriaって言えよ・・・)。使えねえなあコレだからJRってヤツは。


肩を落として再びハンズへ。フィットネス用品は3Fらしい。
おおお、コレだよコレ!
私が追い求めてきた正しいサポーター売り場の姿がそこにはあった。壁にずらりと並んだサポーターの数々。黒サポも売っている。嬉々として物色をはじめる。
私の場合、患部は膝だが、例のアヤシイ湿布はふくらはぎのあたりまで覆っている。どう頑張っても膝サポだけでは覆いきれない。少し迷ったが、ふくらはぎのサポと膝サポを両方購入することに決めた。

ところで、当然ながらサポーターにはサイズもある。
膝周り何センチとかそんなの知らねえよと店員を探すべく視線を外した時、黄色く細長い紙が目に入った。どうやらメジャーのようである。
目盛りの数値が小さい方にはハンズのロゴが、反対側には東急ハンズ新宿店の文字と共に「紙製のため、目安として御利用くださいませ」という言葉が印刷されている。
つまり「精度はイマイチだけどとりあえずコレで大体サイズがわかるんじゃね?」というコトだな。そういえばベッカム嫁にはこんな心遣いは見られなかった。さすがハンズだ。ありがたく使わせていただこう。

むくみにも効果があるという黒サポ(ラインサポーターというモノらしい)を見つけ、同じシリーズで膝用のものがないかと探したが、白しか見つからない。
しばらく待ってようやく通りすがった店員を捕まえて(ハンズってフロア要員少なくね?レジ要員減らしてフロア接客要員に回してほしいといつも思うのだが)、確認してもらったところ「商品としては黒もありますが、店に在庫がありませんでした。お取り寄せになりますので2週間ほどかかりますが・・・」と言われてしまった。

むぅ。それならば送料覚悟で通販に頼った方が早いではないか。しかし通販だと到着しても不在で受け取れないことが多い。仕方なく、膝用については備長炭入りという謎のサポを買うことにした。色はグレーでちょっとカッコ悪いが我慢しよう。

そういえばハンズに来たのは久しぶりだ。前回は確か年末じゃなかったか?
ハンズは目的がなくても楽しめるので、ホントはもう少し足繁く通いたいのだが、如何せん営業時間が20:30までである(そういえばベッカム嫁も20:30までだ)。下手に残業すると閉店時間に間に合わないのだ。高島屋なんて今時20:00に閉まるんだぞ?
平日のターゲット客層は仕事帰りのリーマン&OLちゃんではないのか?
片や西武新宿ペペ(西武線の駅ビル)は全館22:00まで営業している。使えねえなあコレだからJRってヤツは。


…と思ったら、いつの間にかルミネは22:00営業になっていたようだ。
ていうか新宿MYCITYはいつの間にルミネエスト(LUMINE EST)なんてモノになっちまったんだ?シティハンターにも背景でちょくちょく登場していたMYCITYを愛用していた私にとっては寂しい限りである。
中の店舗も様変わりしてしまったんだろうか。怪我が治ったらちょっと覗いてみよう。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-22 18:04 | ひぐらし | TOP▲

 | ページトップ | 

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE