異句同音な罠

先日、トラックバックをいただいた。
その記事の内容は、女子に人気のC○ACHに関するモノである。

関連TBは時々貰うし、ロクにこちらの記事も読まずにキーワードで引っ掛かった記事に対してTBする輩は珍しくない。
イカガワシイものに至っては、無差別にTBを打ってくる。ウザい。

しかしTBされた記事は、引退後のプロ野球選手に関するものだ。
最新記事でもなければ、どこかにTBってるワケでもない。閲覧数も多くないだろう。


なんで脈絡もなくC○ACH?
そう思ってTBされた記事を読み返してみる。
・・・冷静な判断と的確な意見が言える選手は、もちろん監督やコーチなどにもなれるだろうが、・・・


コレか!!
コレなのか!!


ああ確かに書いてるよ俺。
しかし 意味が違う。

だがコレに引っかかってくるということは。



コーチ!あたしもう立てません!!」

「ばかやろう!そんなんで○○の星になれるか!!
 ・・・オマエならきっとやれると俺は信じてるんだ・・・」

コーチ・・・」




などという小芝居を書いたら、やっぱり引っ掛かってくれちゃったりするのだろうか?


ちなみに「異句同音」というのは正しい四字熟語ではないので念のため。
学校のテストで書いたらバツくらいますぜ。

[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-06-11 23:48 | ひぐらし | TOP▲

<< 【F-1】結局は晴天のシルバーストン  | ページトップ |  【F-1】シルバーストンに輝く... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE