最速の男

例えば、偶然同じエレベーターに乗り合わせた人や、街中ですれ違った人。
「優しそう」、「強そう」、「怖そう」、その他諸々、見た目の印象でなんとなくそんな風に思うことがある。


その男が視界に入った瞬間の印象は、「あ、こいつ速そう」だった。


速い男というと、どうしてもセナやM.シューマッハを思い浮かべてしまう私だが、彼は別にF1レーサーなどスポーツ選手に似ているわけではない。
「足が速そう」と思ったわけでも、「スポーツ万能そう」と思ったわけでもない。
しかしとにかく、彼は「速そう」なのだ。


一言で言い表すなら、えもいわれぬ流線型。

まず頭蓋骨の形状が流線型。後頭部が少し後方に長い感じ。
更に前頭部が流線型。俗に言うM字ナントカで、全体的に少し後退している。
そして髪型が流線型。サイドを刈り込んで中央が少し長く、一時期ベッカムがしていたモヒカンヘアに近いのだが、前髪を含めて全体的に、頭頂部ではなく斜め後方に流している。ベッカムのモヒカンをそのまま後方へずらした感じだと思ってくれれば良い。
おまけに、髪の色は先端に向かって黒から茶色へとグラデーションしている。


速そうでしょ?


ニューひかり(東海道新幹線)を思い起こさせるあの形状。
できることなら写メを撮りたかった。撮ってみなさまにお見せしたかった。
そのくらい見事な、あるイミ理想的な流線型だった。

彼で風洞実験してみたらきっと好結果が出るに違いない。




そういえば、M.シューマッハはあのアゴでダウンフォースを稼いでいるという噂があったっけ…。
[PR]
ざぶとん一枚。→

  by RX-Kei | 2006-04-08 01:03 | ひぐらし | TOP▲

<< 【DVD】やっぱりファーストガ...  | ページトップ |  長いんだか短いんだかわからない... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE